オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

屋根の野地板とは?どんな役割なの?メンテについて!


331a540542fb9554b9df03e0a6c78d79_s
野地板という屋根の部材をご存じでしょうか?
野地板は屋根では欠かせない重要な役割があり、雨漏りによって傷みやすい部材でもあるので、メンテナンスが必要な場合があります。野地板の役割材料メンテナンスについて紹介します。

野地板とは?役割について

野地板は屋根を構成する部材の一つで、表面から屋根材(瓦や化粧スレート)→ルーフィング(防水紙)→野地板→垂木という順に取り付けられています。野地板は屋根材とルーフィングを支える重要な役割があります。

野地板に使われている材料について

野地板の材料にはバラ板構造用合板が使われているので紹介します。
バラ板は古い住宅に使われていることが多いです。バラ板は幅100mm 前後の杉の木を使う事が多く、垂木の上に並べて固定します。通気性などを考え、バラ板とバラ板の間には隙間を設けることが一般的でした。
一般的な住宅の野地板には構造用合板が使われることが多いです。厚さが12mm程度の構造用合板が多く、優れた耐震性や耐風性を発揮します。コンクリート型枠として使用されるコンパネと似ていますが、構造用合板は建築構造用として強度が証明させているものです。

野地板のメンテナンスについて

野地板のメンテナンスには増し張り張り替えがあるので紹介します。野地板のメンテナンスは大掛かりなので、信頼できる専門の業者に依頼がしたほうがいいでしょう。
野地板にバラ板が使われている場合、増し張りによって風や地震に対して強くなります。増し張りは既存のバラ板の上に構造用合板を重ねて固定する方法
雨漏りによって野地板が腐食している場合には張り替えを行います。張り替えは、腐食している野地板を取り除き、新しい野地板を取り付ける方法です。

まとめ

野地板の役割や種類、メンテナンスについて紹介しました。野地板は屋根には欠かせない部材で、雨漏りが発生すると傷みやすいので注意したほうがいいです。屋根のリフォームに興味がある方は、街の屋根やさん びわ湖大橋店までお気軽にご相談ください。お問い合わせはメールまたは電話でお待ちしております。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181