オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

屋根の積雪対策とは?


屋根の積雪対策について

屋根に雪止めを設置する
豪雪地帯よりも、少量の積雪が年に数回ある地域にお住まいの方に適している対策で、屋根に雪止め金具を設置するか屋根瓦を「雪止め瓦」に交換することで雪をせき止めることが出来ます。

無落雪屋根にリフォームする
雪が落ちにくい構造になっていて、屋根上に乗せた雪を自然に溶かす工夫がされている屋根のことです。
東北や北海道などの豪雪地帯に適している対策方法で、北陸を始めとする湿った雪が多く降る地域では屋根への負担が大きくなってしまうために、雪の重さに耐えられる強靭な構造にする必要があります。

融雪設備を導入する
屋根の一部もしくは全体にヒーターを設置し、電熱や温水を利用して積もった雪を溶かす方法で、北海道・東北・北陸の地域に適している対策方法です。

icicle-3819301_1920-columns1
雪止め対策の主な特徴について

雪止め
雪止めは手軽な上に安価な方法で、落雪防止や雪による雨樋などの破損事故を防ぐことが出来ます。
その一方で、雪下ろしをする際に邪魔になることや、雪がつもり過ぎてしまうというデメリットもあります。

無落雪屋根
無落雪屋根は大掛かりな上に高額な方法で、スノーダクト式・フラットルーフ式・勾配屋根公式の3種類があります。

融雪設備
融雪設備の設置範囲は屋根全体・軒先・谷部分など目的や屋根の形状によって臨機応変に選択可能になっています。
融雪方法のパターンとして電気式・ボイラー式・散水式の3つがあります。

まとめ

今回は屋根の雪対策についてお話してきました。
住んでいる地域の雪の降る量によって対策方法は変わってきて、屋根に雪止めを設置・無落雪屋根にリフォームする・融雪設備の導入といった3種類が主な屋根の積雪対策として挙げられます。
自分のお住いの地域に応じて対策方法を考えてみてください。

屋根の積雪対策についてまたは他の屋根のことでもお悩みの方は
街の屋根やさん びわ湖大橋店にお気軽にご相談ください。
お問い合わせはメールまたはお電話にてお待ちしています。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181