オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

屋根の色はグレーが良い?その理由とグレー屋根のメリット


現在スレート系(コロニアルなど)の屋根には黒色が良く使用されています。
黒色の屋根は熱を吸収しやすいのになぜ多くの方が、熱くなると分かっていながら黒色を選ぶのでしょうか?
その理由として黒色は寿命が長いため、屋根の場合熱くなるのは分かっていても多くの方が寿命を考えて黒色を選ぶのです。
ですが最近新築を建てる際、屋根の色をグレーにする人が増えてきています。
これは何故なのでしょうか?
この理由とグレー屋根を選ぶメリットについてお話していきます。
house-3097664_1920-columns1
遮熱塗料のグレーに屋根をすると何も塗装していない面に比べて、屋根が熱くなりにくくなります
なぜならグレーは黒と比べて太陽の熱を吸収しにくいため、グレーがオススメなのです。

グレー屋根のメリット

熱を吸収しにくい
最も熱を吸収しにくい屋根は白色の屋根なのですが、白色は汚れが目立ちます。
それに2階にリビングがある家、吹き抜けがある家は特に効果を実感しやすいです。
快適に過ごしたいのであればグレーが良いです。

汚れが目立たない
グレーは黒や白に比べて色あせや汚れが目立ちにくいです。
長い間、家を綺麗に保ちたいのであればグレーがオススメです。

外壁と色が合わせやすい
グレーには色味が入っていないため、他の外壁や周りの色から浮いてしまう可能性がありません。
他の色だと外壁の色と喧嘩してしまう可能性があります。
グレーを選べば外壁との相性が悪いことはないのでオススメです。

まとめ

今回は屋根の色がグレーが良い理由とメリットについてお話してきました。
熱を吸収しにかったり汚れが目立たないため、黒や白の屋根よりも長く使うことが出来ると考える人が増え、グレーを選ぶ人が増えてきています。
それに色も合わせやすいため、自分にあった家を再現することが可能となっています。

屋根の色ついてまたは他の屋根のことでもお悩みの方は
街の屋根やさん びわ湖大橋店にお気軽にご相談ください。
お問い合わせはメールまたはお電話にてお待ちしています。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181