オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

陸屋根で雨漏りが起こる原因・対策方法とは?


陸屋根は勾配のほとんどない平らな屋根の事を言います。
陸屋根はほとんど勾配がないために三角屋根の比べて水はけが悪いです。
そのためにどうしても雨漏りしやすくなってしまうのです。
そんな陸屋根の雨漏りは一体何が原因で起きているのでしょうか?
そしてどういった対策を練れば良いのでしょうか?
hand-287041_640-1
陸屋根の雨漏りする原因について
防水シートの劣化
陸屋根は三角屋根のように雨水を落としやすい構造になっていないため、湿っている時間が長くなります。
防水素材が湿っている時間が長ければ長いほど劣化が進んでしまいます。
そうなると機能性を失い、雨漏りの原因となります。

排水口のつまり
排水口にはゴミや虫の死骸などが詰まってしまい、それが原因で屋上に水が溜まってしまうケースがあります。
そうすると雨漏りの原因になってしまうのです。

パラペットの天板の劣化
パラペットとは陸屋根の端部から立ち上げられている壁のことを言います。
そしてパラペットの上部には天坂と呼ばれる部分があり、パラペットの痛み防止の役割があります。
痛みを防ぐ分、強風や雨にも晒されやすいので雨漏りがしやすいのです。

次に陸屋根の雨漏り対策についてです。
陸屋根の雨漏り対策に関しては防水加工をすることが絶対です。
3つの塗装方法があります。
塗膜防水
防水機能を備えた塗料を塗り、硬化したゴム状にさせて防水層を作ることです。
これには2種類あります。
ウレタン防水工事FRP防水工事です。
ウレタン防水工事は、液状のウレタン樹脂を数回塗布する方法です。
FRP防水工事はガラス繊維が含まれているプラスチック塗料を塗って雨漏りを防ぐ方法です。

シート防水
2~3mmの厚さのシート状の防水材を張り合わせて防水層を作る工事のことを言います。

アスファルト防水
アスファルトを染み込ませた合成繊維のシートを重ねながら貼っていき、更にアスファルトを塗っていく工法です。

まとめ

今回は陸屋根に雨漏りが起こる原因と対策方法についてお話してきました。
原因を把握し、対策方法を理解しておくことで屋根を守りましょう。

陸屋根についてまたは他の屋根のことでもお悩みの方は
街の屋根やさん びわ湖大橋店にお気軽にご相談ください。
お問い合わせはメールまたはお電話にてお待ちしています。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181