オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

屋根の葺き替えとは?事前に知っておきたいこと!メリットやポイントは?


scaffold-1207389_640
屋根は日光や雨、雪など過酷な環境に晒されていることはご存じだと思います。そのため、定期的に点検したり、メンテナンスしたりしていてもいずれは屋根の葺き替えが必要になることがあります。ここでは屋根を葺き替える前に知っておきたいことやポイントを紹介します。

そもそも屋根の葺き替えとは?メリットについて

屋根の葺き替えは、屋根材(瓦やトタンなど)を交換する工事です。工事の際は、屋根材の下に敷いてある野地板やルーフィング(防水シート)も交換するのが一般的です。屋根の葺き替えによるメリットを紹介します。
屋根材にもよりますが、屋根の耐用年数は長くても30年程度。この耐用年数が過ぎた屋根は、雨漏りなどが発生する可能性が高まります。耐用年数が過ぎる前に葺き替えを行うことで、雨漏りを防止できるメリットがあります。
屋根の葺き替えを行うことで、塗装が剥がれたり、コケなどが生えたりした屋根材が新品になるので、外観が良くなります。屋根材の種類や色を変えることで、家のイメージも一新します
重い屋根は、家に対して負担になることは広く知られています。屋根の葺き替えによって、軽い屋根材に交換することで耐震性が高まります

葺き替えを行う前に知っておきたいポイントについて

葺き替えを行う前に知っておきたいポイントについて紹介します。
専門業者が屋根の診断を行う事で、葺き替えではなく、重ね葺き屋根の再塗装で対応できると判断することがあります。重ね葺きは既存の屋根材の上から新しい屋根材を被せる工事です。
屋根材の種類に粘土瓦スレート瓦ガルバリウム鋼板などがあります。既存の屋根材から、種類を変更できる場合があるので、事前に希望する屋根材を決めて、専門業者に相談して下さい。
屋根の葺き替えは、通常のメンテナンスと異なり、大きな工事になります。そのため、工事内容以外に、工期や費用に対してもしっかり説明してくれる専門業者を選ぶことがポイントです。

まとめ

屋根は日光や雨、雪など過酷な環境に晒されて、屋根の葺き替えが必要になることがあります。屋根の葺き替えによって、耐震性が向上する場合があります。また、雨漏りが防止できたり、外観が向上したりします。屋根の葺き替えについては、街の屋根やさん びわ湖大橋店までお気軽にご相談ください。お問い合わせはメールまたは電話でお待ちしております。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181