オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

屋根修理で使用できる保険金・助成金について


着工前
まずは火災保険についてお話しします。
皆さん家を購入する際に火災保険に加入していると思いますが、どういった時に
利用できるかご存じですか??火災保険は火災の被害の補償のほかに『風災保証』
基本の補償とセットになっていることが多いです。
火災保険は保険対象が
『建物のみ』『家財のみ』『建物と家屋』の3種類に分かれています。
今回お話しする屋根は『建物』に含まれます。
保険証券を確認してまずはご自身がどういった保険に加入しているか確認してみてください。

火災保険が適用となるケース

火災保険の補償を利用できるケースをご紹介します。
風災、雪災、ひょう災とありますが屋根の修理等は主に風災保証が適用されます。

風災とは...台風、突風、木枯らし、春一番、強風などの強い風による災害によって
     建物や家財が被害にあった場合に、保険対象内で補償されます。

雪災...雪崩や豪雪によって建物や家財が被害にあった場合に、保険対象内で補償されます。

ひょう災...ひょうによる被害で建物や家財が被害にあった場合に、保険対象内で補償されます。
     ひょうとは直径5㎜以上の氷の粒の事を言います。それ以下の場合はあられになります。

火災保険が適用されないケース

では、次にどういった場合は火災保険が適用されないのかご説明します。

・経年劣化による場合

・風災、雪災、ひょう災によらない損害の場合

・損害が起こってから3年以上経ってから保険金を請求した場合

助成金、補助金制度について

地方公共団体や民間団体や国によって支出される支援金の事を言います。
全国の自治体で工事内容に応じて補助金、助成金制度や税制の優遇を受けることができます。
制度は毎年新しい物が用意される傾向にありその時々の時代のニーズに合わせているようです。
近年では『省エネ改修工事』や『バリアフリー改修工事』『耐震改修工事』などの
工事に対して補助金を厚く用意している団体が多いようです。
制度を利用するにあたって事前に種類や詳細を把握する必要があります。

まとめ

今回は火災保険や補助金、助成金についてご紹介しました。
いざという時のために一度、保険内容や補助金制度について確認したり調べてみると良いと思います。
屋根の事でお悩みやご相談がある方、屋根工事をお考えの方は街の屋根やさん びわ湖大橋店までお気軽にご相談ください。
お問い合わせはメールまたは電話でお待ちしております。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181