オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

屋根材の劣化症状について


屋根に起こる劣化症状として最も分かりやすいのが雨漏りです。
ですがいきなり雨漏りが起こるわけではなく、発生する原因として小さな穴や屋根材の割れなど色々な不具合が影響しています。
その原因も把握することで屋根修理が必要な劣化の症状について把握していきましょう。
buildings-1207824_1920-columns1
屋根の劣化症状について
屋根材のヒビ・割れ
経年劣化・自然災害が原因です。
スレート・瓦・ガルバリウム等の屋根材の耐久性が落ちてしまったか、強風などで飛んできたものによって屋根材が割れる事あります。

スレート屋根の反り
経年劣化が原因です。
スレート屋根は耐久度が減っていくと反り返ってきます。
反ってしまった部分から雨水の侵入を許すことになってしまうので修理が必要です。

スレート屋根が欠ける
これは経年劣化・自然災害が原因です。
強風や暴風によって飛んできたもの、スレート屋根同士のぶつかりなどで衝撃が加えられてしまうとどんどん欠けていってしまいます。
これも雨漏りの原因となってしまうので修理が必要です。

トタン屋根の錆
経年劣化・自然災害が原因です。
金属なので雨風に晒せれ続けると錆びついてきます。
そのままにしておくと腐食に繋がり、穴が空いてしまいます。

棟板金の浮き
経年劣化・自然災害が原因です。
強風や暴風によって屋根材の上に取り付けられている棟板金が持ち上がってしまい、隙間を作ってしまいます。
この隙間から雨水の侵入を許す事になってしまうので修理が必要になってきます。

まとめ

今回は屋根材の劣化症状についてお話してきました。
屋根に起こる劣化症状として雨漏りが代表的ですが、雨漏りが起こるのには原因があります。
その小さな劣化を把握する事で、雨漏りを防ぐことにも繋がるのでしっかりと理解を深めましょう。

屋根材の劣化症状についてまたは他の屋根のことでもお悩みの方は
街の屋根やさん びわ湖大橋店にお気軽にご相談ください。
お問い合わせはメールまたはお電話にてお待ちしています。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181