屋根の結露について!!原因と対策


th4
冬場の大敵、結露についてお話しします。
お部屋の窓などの結露はよく目にすると思いますが、実は屋根裏や屋根も結露するんですよ!
雨漏りは基本的に外界からの水や雨の侵入によって起こります。
結露は室内の湿った暖気から起こります。
雨漏りは天井や柱にシミや跡を残すので気づきますが結露はあまり症状が目につかないので気づかれづらいんです。
長い間気づかずに放置すると柱や梁、屋根を支える垂木までも腐食してしまいます。
今回はこの厄介な結露の対策についてご紹介します。

結露の起こる原因

冬場になぜ結露が起こるかというと、冬場はどうしても石油ストーブや
ガスストーブといった暖房器具をお使いになると思いますが実は石油やガスを完全燃焼
させることにより水蒸気を発生させます。湿った暖かい空気は上へ上へと上がっていきます。
部屋の天井を抜けて屋根裏へ行きます。屋根裏からこの空気を排出できると良いのですが
排出できないと、屋根からの冷気によって水滴が木などにつき結露が起こります。

結露対策について

屋根の結露の対策にはいくつか方法があります。

屋根の下地材を透湿ルーフィングにする
屋根のてっぺんに換気棟を取り付ける
天井断熱を施す

このような方法で結露対策することができます。

まとめ

このように雨漏りと違って目に見える症状があまりない結露ですが
そのせいで気づかぬうちに雨漏りよりひどい被害が起こる可能性があります。
雨漏りと違って建物内の隠れたところに起こる内部結露は劣化被害が大きくなります。
今まで特に結露対策をされていない方や不安な方はこの機会に一度検討すると良いかもしれませんね。

屋根の事でお悩みやご相談がある方、屋根工事をお考えの方は街の屋根やさん びわ湖大橋店までお気軽にご相談ください。
お問い合わせはメール>または電話でお待ちしております。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181