オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

陸屋根って何?徹底解析します!


陸屋根」は一般的な斜めに傾いている屋根ではなく、平面上な屋根のことを指しており「平屋根」とも呼ばれています。
木造タイプだと材料に水分が入ってしまい劣化が早まってしまうので、鉄筋コンクリートで建てられるのが主流です。
マンションやビルなどの高層建築物を建てる際に良く使用されていて、北海道などの豪雪地帯では落雪事故を防ぐために「陸屋根」を選ぶ方も増えています。
それに勾配がほとんどない「陸屋根」はRC住宅で利用されることが多いです。
roof-4362837_1920-columns1
陸屋根のメリット
・メンテナンスが簡単
→勾配のあるさん三角屋根と比べて屋根面が平らなので、メンテナンスが容易です
・コストを削減できる
→清掃や補修工事を行う際に足場が必要ない場合があるのでコストの削減につながります
・屋上として利用できる
→ガーデニングやBBQなどが出来ます
・風の影響が少ないため定期的な点検作業が簡単にできる
・建築スペースを広く出来る
→天井面が平らであるためにその分、居住空間を広く取ることが出来るということです

陸屋根のデメリット
・夏場の最上階が暑い
→屋根と天井の間に空間がないために、熱がこもりやすく温度が上昇しやすいです
・雨漏りのリスクが高い
→構造上屋根に雪が積もったり雨が溜まるため、陸屋根は平らなので三角屋根に比べると水はけが悪いため防水処理をこまめに行うことをオススメします
・劣化が早い
・ロフトの設置が出来ない
→陸屋根は基本的に屋根裏部屋がないため、ロフトが欲しい人としてはデメリットとなりえます


まとめ

今回は陸屋根についてお話してきました。
陸屋根はメンテナンスが容易に行うことが出来たり、落雪事故の防止に役立っている屋根です。
平らなことが落雪事故の防止に繋がっている反面、水はけが悪く、雨漏りのリスクが高まってしまいます。

陸屋根についてまたは他の屋根のことでお悩みの方は
街の屋根やさん びわ湖大橋店にお気軽にご相談ください。
お問い合わせはメールまたはお電話にてお待ちしています。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181