オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

寄棟屋根とはどんな屋根?詳しい詳細について


寄棟屋根」は最近の屋根の中でも非常に多い屋根で切妻屋根に次いで多い屋根の形状となっています。
寄棟屋根」は4方向に傾斜面がある屋根です。地上に対して水平になる最上部の棟を「大棟」、傾斜がある棟を「下り棟」といいます。
大棟がある屋根を「寄棟」、大棟がない屋根を「方形」といいます。
これによって「寄棟屋根」は「方式屋根」とも呼ばれています。
roofs-1186466_1280-columns1
寄棟屋根のメリット
・日射や雨の影響を和らげることが出来る(分散することが出来る)
・4方向の全ての外壁を保護することが出来る(4方向の軒先を長くすることが必要)
・台風や風に強い(屋根面を4方向から支え合っているため)
・壁面量が減る(高い外壁材を使用する場合とても経済的にコストを抑えることが出来る)

寄棟屋根のデメリット
・雨漏りが発生する
・トータルコストが高い
・ソーラーパネルの設置数が制限されてしまう
・4方向全てに雨・雪が落ちてしまう(雪の場合除雪が面倒)
・工期が長くなる
・屋根裏のスペースが小さくなってしまう
・軒天のメンテナンスやリフォームが必要になってくる

寄棟屋根の注意点

寄棟屋根」は、屋根の上に降った水が4方向流れます。
この際、大棟と降り棟の取り合い部分で雨漏りが発生することがあります。
切妻屋根に比べて雨漏りのリスクが高いので注意する必要があります。
本来、施工やメンテナンスがしっかり出来ていれば安全ではあるので、メンテナンスや施工は怠らないようにしましょう。

まとめ

今回は寄棟屋根についてお話してきました。
寄棟屋根は切妻屋根に次いで多い屋根の形状になっており、多くの方から支持されています。
方式屋根友呼ばれており、壁面量が減るので高い外壁材などを使用するときにはコストダウンを図れますが、雨漏りが発生してしてしまったりソーラーパネルの設置数が制限されてしまうというデメリットも生じてきます。

寄棟屋根についてまたは他の屋根のことでお悩みの方は
街の屋根やさん びわ湖大橋店にお気軽にご相談ください。
お問い合わせはメールまたはお電話にてお待ちしています。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181