オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

屋根塗装の基礎知識について伝授!塗装時期・方法について


屋根塗装の基礎

屋根塗装は家の耐久性に繋がることなのでとても重要です。
最適な方法で塗装刷るためにの基礎知識を理解する必要性があります。
屋根は毎日紫外線や雨風にさらされているため定期的に塗り替えを行う必要があります。

屋根塗装に適している素材はセメント瓦コロニアル金属屋根スレートモニエル瓦です。
日本における住宅の殆どが屋根塗装に適していることは間違いないです。
ですが適さない素材もあります。
それはすぐに錆びついてしまうもの・点検やメンテナンスが困難なものです。
例を挙げるとすればトタン屋根は塗装に適さないでしょう。

屋根塗装時期

house-1212507_1920-columns1
屋根の素材によって耐用年数が異なってきます。
・スレート屋根10年
・板金屋根10年
・銅板屋根30年
という目安になっています。

そして劣化のサインを見逃さないようにすることで事前に対策が練れるので把握しておきましょう。
・色があせてきている
・苔が生えている
・ひび割れがある
・雨漏れしている
といった症状が見られましたら塗装をするべきでしょう。

屋根塗装方法

屋根塗装に使用される塗料は主に5種類あります。
それぞれの特徴についてお話します。
断熱塗料
耐用年数は15年程で高機能・高品質のために価格が高い・断熱機能あります

遮熱塗料
耐用年数が15年程で太陽の熱を反射して室内の温度をあげ、省エネが可能です

フッ素塗料
耐用年数15年程で耐熱性・不燃性・防汚性ありまう

セラミックシリコン塗料
耐用年数10年程で耐久性・防カビ性・防腐性にも優れていまう

シリコン塗料
耐用年数10年程で紫外線に強いのが特徴で、コストパフォーマンスに優れています。

まとめ

今回は屋根塗装の基礎知識についてお話しました。
屋根の耐用年数・塗料の種類・劣化のサインを理解していれば屋根塗装に役立つことでしょう。

屋根塗装についてまたは他の屋根に関することでお悩みの方は
街の屋根やさん びわ湖大橋店にお気軽にご相談ください。
お問い合わせはメールまたはお電話にてお待ちしています。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181