屋根の塗装メンテナンス時期について


今回は屋根の塗装の塗り替え時期についてお話ししていきます。

定期的な点検とメンテナンスで葺き替えをしなくても屋根塗装で対応できる事は多いのです。
屋根の塗装の塗り替え時期や塗装の耐用年数などまとめていきますので
ぜひご参考にされて、一度ご自宅の屋根の点検などしてみると良いかもしれませんね。
普段、目につく場所ではないからこそ劣化がひどくなる前に点検やメンテナンスをしっかりと 行うことでコストも抑えられます。

塗料の特徴と耐用年数

クリル樹脂系塗料...耐用年数は約3年~5年と短く汚れが付きやすいので短期間でカラーチェンジなど
塗り替えを考えている場合は適してます。

ウレタン樹脂系塗料...耐用年数は約5年~7年で施工のしやすさや防汚性に優れています。
ひび割れ防止の注入材としても使用されます。

シリコン樹脂系塗料...耐用年数は約7年~10年、耐久性にも優れていてカラーバリエーションも豊富です。

フッ素樹脂系塗料...耐用年数は約10年~15年で塗膜の寿命がとても長く防汚性にも優れていて
外観の美しさを保ってくれます。

無機塗料...耐用年数は約10年~15年で無機であるガラスを塗料に混ぜ込むことでとても耐久性に優れている。
屋根などの劣化が激しい場所にはとても適している。

ピュアアクリル塗料...耐用年数は約10年~15年、防水性、高耐久性、高弾性に優れている。

光触媒塗料...耐用年数は約10年~15年、太陽光や雨など自然の力でセルフクリーニングをしてくれる。
塗装をして綺麗になった
こちらの写真はカラーベスト葺き屋根にシリコン樹脂系塗料で塗装したものです。
色々な塗料があり耐用年数もそれぞれ違いますがあくまでも目安になります。
気象環境屋根の形状屋根の施工状態によっても変わってきます。
塗装の色が薄くなっていたり、屋根を触ってみると手に白い粉がついたりした場合は
塗り替え時期になります。そのまま放っておくとやがてコケやカビが発生して塗装剥がれが
起きてきます。劣化がひどい場合には塗装メンテナンスができなくなり葺き替えになります。
コストも余計にかかってしまいますので注意しましょう。

まとめ

今回は塗装の塗り替え時期や塗料の特徴についてお話ししました。
普段、目にすることのない場所だからこそ定期的な点検やメンテナンスが大事ですね。
築年数が経っていたり、前回の塗り替えからお時間が経っている場合は
一度点検してみると良いと思います。
屋根の葺き替えや塗り替えをお考えの方やお悩みの方は 街の屋根やさん びわ湖大橋店までお気軽にご相談ください。
お問い合わせは
メールまたは電話でお待ちしております。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181