オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

屋上や陸屋根のウレタン塗膜防水工事について


ウレタン塗膜防水とは、液状にしたウレタン樹脂を数回に分けて塗装し、塗膜防水層を作成します。
塗装で層を形成していくので複雑な形の場所にも対応でき、継ぎ目の無い仕上がりになるので水の浸入を抑える事ができます。
どの施工箇所にも幅広く対応できるので人気の防水工事です。
アンテナ基礎部分ケレン
まずは「ケレン」という作業を行います。
ケレンとは、主に塗料の付着を良くする為の作業で旧の塗膜や付着している汚れやゴミを落とす作業です。 このケレン作業を行うか行わないかで塗装の仕上がりや塗膜の耐久に大きな差が出てきますのでしっかり行います。
洗浄状況
次に「高圧洗浄」を行います。
文字通り、高圧洗浄機を使って水を噴射し、汚れを剥がし取る作業です。
既存の防水膜の表面は多くの場合汚れてしまっています。
ゴミが付着していたりコケ類がこびり付いていたり、酷い所では錆が付着していたりします。
そのまま放置して上から防水層を作成しても剥がれてしまったり、そもそも防水層ができないなどしっかりした施工はできません。
カチヨンフィラー
既存防水部分の汚れがなくなったら、こちらの塗料を塗布して下地調整に使用します。
ダイフレックスの「カチオンフィラー」です。
付着力の優れたセメント下地調整材なのですが、仲介接着材として下地と仕上げ材になじんでくれて防水効果を高めてくれる塗料です。
土間の工事にも使用することがあります。
これをすることで下地の状態を整えてくれます。
塗布していきます
このようにコンクリート部分に有効なので、屋上の立ち上がり部分にローラーで塗布しています。
66-4-columns2
下地調整塗料が乾いたら、最後のケレン作業を行います。
44-6-columns2
下地調整とケレンができたら「プライマー」と呼ばれる接着剤の役目をもつ塗装をします。
エバーコート
ダイフレックスというメーカーの「エバーコートZero-1H」という塗膜防水材です。
耐久性が高いので、地震に強い防水材です。
また、撹拌作業の必要性が無いため、職人さんにとって手数が少なく、お客様にとっても工期を少し短縮できるメリットがあります。
一層目塗布
こちらの上塗り塗装は2層ですので、 一層目が確実に乾いたことを確認してから作業に取り掛かります。
エクセルトップ
ダイフレックスの「エクセルトップ」です。
そもそも「トップコート」とは防水層を守るための塗装・塗料を指します。
塗布状況
物体や液体は直接外気に触れると、紫外線や風雨の影響によりダメージを受けていきます。
塗膜防水も同じで、ダメージを受け続ければ、防水層の劣化が進み防水の機能が失われていきます。
そして雨漏りや建物内部の腐敗に繋がっていきます。
そこで塗膜防水層にトップコートを塗り、層を保護しダメージ軽減させるのが目的です。
ちなみに、トップコートは保護の役割であり防水性能はあります。
完成
全面にトップコートを塗布して、屋上のウレタン塗膜防水工事が完了です。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181