オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

守山市の方へ、夏に家が暑くなってしまう理由を紹介します


そもそも何故室内が暑くなってしまうのか?

室内が暑くなってしまうメカニズムとしては、夏場に家の中で最も太陽に近い屋根に直射日光があたることによって屋根の表面の温度が上がっていきます。
そうするともともと日光を反射する機能を持っていない屋根を通り抜けて室内に熱が伝わってしまうということです。

屋根に遮熱対策をするとどのくらい効果があるのか?

屋根に遮熱塗装を行った場合と行わない場合とでは、屋根の表面の温度が約20度も違うと言われています。
室内の温度に関しては約5度~10度くらい変わってきます。
sun-3588618_1920-columns1
夏に暑くなりやすい家はどんな家なのか?

自分の住んでいる家がとても暑くて悩んでいるという方や、友人が家が暑くて悩んでいるという話を良く聞かされるので自分も家を持った時にとても暑さが心配という方いらっしゃるのではないでしょうか。そんな方のために夏に暑くなりやすい家の特徴についてお話していきます。

屋根が金属の家
金属屋根を使用している家にお住まいの方は夏に家が暑くなりやすいです。
金属屋根とはガルバリウム鋼板やトタンといった素材を使用している屋根は、とても熱が伝わりやすいです。
金属は熱の伝導率がとても高くなっており、室内に熱がすぐに伝わってしまうため暑くなってしまいます。

天井が吹き抜けになっている場合
天井が吹き抜けになっていると冷房が効きにくくなってしまい、熱気が溜まってしまいます。
それに室内の広さが広がるので冷房は余計効きにくいです。

屋根がスレート瓦の場合
屋根がスレート瓦だと屋根材の厚さがとt目尾薄いので、室内に熱が侵入しやすく、暑くなってしまう可能性があります。

まとめ

今回は夏に家が暑くなってしまう理由について紹介させていただきました。
家が暑くなってしまう理由として屋根が金属・天井が吹き抜け・スレート瓦といった場合が挙げられます。

屋根のことでお悩みの方は
街の屋根やさん びわ湖大橋店にお気軽にご相談ください。
お問い合わせはメールまたはお電話にてお待ちしています。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181