オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

草津市の方へ屋根の塗り替えの役割り


2006323_s-1
屋根の塗り替えについてはあまり知られていないことが多いですが、屋根の塗り替えは大体10年前後で行うことが多いです。
屋根の塗り替えは、見た目の美しさを維持する以外に屋根を保護したり、屋根に機能を付加したりするために必要なので紹介します。

塗り替えの役割り①:見た目の美しさを維持

10年程度経過すると新築の美しさが薄れていくのは仕方がないと考えられ、特に屋根は雨や雪の影響を直接受けるので劣化は顕著です。
例えば、屋根は経年劣化で色あせが発生した場合、塗り替えによって元の色に戻すことができます。
また、住宅のイメージを変えるために塗り替えを行うこともあります。
ただ、外壁を塗替えても、屋根を塗り替えないと住宅の美しさが半減します。

塗り替えの役割り②:屋根を保護する

スレートは吸水する性質があるため、塗装することで表面に防水効果を付与することができます。
また、塗装は紫外線のエネルギーを反射するため、屋根への影響を抑制します。
塗膜にはサビを防止する役割りがあり、水や酸素から屋根を保護してくれます。

塗り替えの役割り③:屋根に機能を付加

多機能な塗料がメーカーから登場しており、塗り替えることで、遮熱をはじめ、断熱、セルフクリーニング、防カビ、防汚といった機能を付加することができます。
例えば、遮熱機能がある塗料は、屋根表面の温度を20℃程度下げることができるといわれています。
セルフクリーニング機能がある塗料に塗り替えることで、屋根に付着した汚れなどを雨によって洗い流せるようになります。

まとめ

屋根の塗り替えは、見た目の美しさを維持する以外に屋根を保護したり、屋根に機能を付加したりするために必要です。
塗装に色あせなどが発生した場合、塗り替えによって元の色に戻したり、防水効果を付与することができたりします。
遮熱機能がある塗料に塗り替えることで、屋根表面の温度を20℃程度下げることができるといわれています。 

草津市以外の方でも屋根に心配事がある方は、街の屋根やさん びわ湖大橋店までお気軽にご相談ください。
お問い合わせはメールまたは電話でお待ちしております。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181