オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

草津市にて雨漏れしている瓦屋根の隅棟補修工事を行いました


差し替え完了

上記より、現調時の様子と前回の工事ブログを見る事ができますので是非ご覧くださいね!

今回は2F部分の隅棟の補修工事を紹介します。
現況写真
こちらが現状の写真です。
現場調査時には雨天により屋根に上がれませんでしたが、確認すると想定していた以上に土の状況が悪く、全体的に上部がグラついていました。
土台部分はしっかりしているので、補修が必要な部分を解体して下地からやり直しましょう。
隅棟解体
隅棟の解体が完了しました。
前回のブログでも紹介しました「南蛮漆喰」を土の代わりに入れ込んでいきます。
熨斗(のし)と呼ばれている瓦の間に入れています!

熨斗瓦は「瓦割り」に使用されている、あの瓦です。
もともと1枚の瓦に線が入っていて、比較的簡単に割れてしまいます。
というよりも、1枚を半分に割って使用するものなので・・・
(豆知識までに)
冠瓦設置
熨斗瓦を積んだら一番上の部分である「冠瓦」を載せれば元の形が見えてきました。
写真は新しく通した盤線を映しています。
これを瓦にくくりつけて、強度を高めます。
南蛮漆喰補修
最後に側面から雨が入ってこない様に、漆喰を葺いて完了となります!
前回紹介した「シルガード」を使用しています。
隅棟補修完了
隅棟の補修工事が完了いたしました。
しっかりと下地の土も葺き直しましたので、風で飛ばされる心配はないです!
完了を別のアングルから
before1
別の隅棟現状
別の部分の隅棟も漆喰部分がかなり劣化していたので、塗直しをさせていただきました。
horizontal
after1
別の隅棟補修完了写真
この通り、熨斗の下も側面部も塗直しました!
見た目も美しいですね。
このように街の屋根やさん びわ湖大橋店は大きな工事だけでなく、漆喰の塗り直しや瓦の差し替えを1枚から承っております。屋根のトラブ・異変にお気づきの際は是非お問い合わせください!

この工事の現場ブログ

差し替え完了

2019/11/19/ 草津市にて雨漏れしている瓦屋根の隅棟補修工事を行いました

前回の作業確認

お客様のお宅の全景

2019/10/29/ 草津市にて雨漏れしている瓦屋根の現場調査に伺いました

草津市のお客様より「台風の影響で家が雨漏りしているので見に来てほしい」と問い合わせをいただき伺いました。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

草津市にて台風で被害を受けた淡路瓦の補修工事について

平面瓦取替前
着工前確認
工事内容
屋根補修工事
台風
使用素材
和型淡路瓦(桟瓦、冠瓦、熨斗瓦)
築年数
約35年
建坪
桟瓦差し替え3枚、棟一部補修、熨斗瓦一部補修
保証
工事費用
3万4千円
施工事例

高島市にて銅めっき製の雨樋補修と隅棟漆喰補修工事について

破損した樋
完成
工事内容
屋根補修工事
漆喰詰め増し
雨樋交換
使用素材
銅めっき製の雨樋(集水器・竪樋・エルボ・継ぎ手)、南蛮漆喰(白色)
築年数
約20年
建坪
雨樋1箇所、南蛮漆喰補修1箇所
保証
工事費用
4万円
施工事例

大津市和邇にていぶし瓦葺きの屋根の修理工事について

現況
修理完了
工事内容
屋根補修工事
漆喰詰め増し
使用素材
日本瓦(いぶし)、漆喰(白色)
築年数
約10年
建坪
ケラバ補修、桟瓦5枚差し替え、漆喰詰め直し
保証
工事費用
4万円

同じ地域の施工事例

施工事例

草津市にて台風で被害を受けた淡路瓦の補修工事について

平面瓦取替前
着工前確認
工事内容
屋根補修工事
台風
使用素材
和型淡路瓦(桟瓦、冠瓦、熨斗瓦)
築年数
約35年
建坪
桟瓦差し替え3枚、棟一部補修、熨斗瓦一部補修
保証
工事費用
3万4千円
施工事例

草津市にある無釉薬瓦葺き屋根の葺替え(軽量化)工事について

瓦葺き屋根全景
葺き替え完了
工事内容
屋根葺き替え
雨樋交換
足場
使用素材
ガルバリウム鋼板(立平ロック)
築年数
約40年
建坪
63㎡
保証
10年間
工事費用
130万円(雨樋交換含む)
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181