オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

野洲市にて工場の屋根工事に使用する材料の荷揚げをしました


野洲市にある工事の社長様より「雨漏れする箇所があるので見に来てほしい!」
とお問合わせをきっかけに、先月から屋根のカバー工事をさせていただいております。
前回は工事に使用する外部足場を組み立てました。
クレーン全景
本日は屋根の材料であるリフレアルーフ(ガルバリウム鋼板)と下地の桟木を屋根の上に荷揚げします。
こちらのクレーンを使用して揚げていきます!
そもそもなぜクレーンが必要なのでしょうか?
足場も組んであるので、手で運搬すればよいのでは?思う方がいるかもしれません。
答えは屋根材の長さと重さです。
屋根材は何枚でも加工して葺けばいいものではありません。
二度と雨漏れしないように軒から棟まで1枚の材料で葺くのが通常です。
なので長12mと長尺かつ重量物の為、人間の力では揚げられないのクレーンを使用して荷揚げをするのです。
(作業員の安全も考慮されています)
屋根下地の桟木
さて、こちらの大型トラックに乗っている下地の木(桟木)から揚げていましょう。
周囲の安全を確認して専用のロープを使用して…
揚げていきます
ゆっくり揚げていきます! この時、材料は斜めに傾いていないかよく確認する必要があります。
木材の荷揚げ
このように足場をまたぐようにして木材を揚げました。
リフレアルーフの荷揚げ用意
次にいよいよ、リフレアルーフ(ガルバリウム鋼板)を揚げていきます!
こちらのオレンジ色のリフレアルーフに先程と同じようにロープを巻いて…
荷揚げ状況
12mの長尺ものもこのように軽々揚がりました。
指示を出す作業員
この時に気を付けているのは、必ず屋根上でクレーンのオペレーターに指示を出す作業員とセットで動くことです。
というのも、オペレーターだけではどこの位置に置けばいいのか。
現在吊った材料が屋根とどのくらい距離があるのかわからないので、ジェスチャーをしてオペレーターに指示をだします。
このジェスチャーは誰でも行っていい訳ではなく特別な訓練を受けた作業員しかできません。
荷揚げ完了
屋根の上から見てみると、このように下地のきの上に全て配置することができました。
板金配置完了
下地の木は屋根の下地にビスで固定されてますので、ズレて材料が落ちる事はありません。
本日の作業はここまでです。
進捗は次回ブログをお楽しみに!
このように街の屋根やさん びわ湖大橋店は一般住宅だけでなく、県内どこでも、工場や倉庫の屋根修理も行っていますので、お気軽にお問い合わせください!
まずは無料点検と無料見積をさせていただきます。

この工事の現場ブログ

屋根下地の桟木

2019/11/06/ 野洲市にて工場の屋根カバー工事に使用する木下地を取付けました

前回の工事内容

足場組立開始

2019/10/17/ 野洲市にて雨漏れしている工場の屋根カバー工事の足場組立

野洲市のお客様より「工場で雨漏れする箇所があるので見に来てほしい!」とお問合わせをきっかけに、本日から屋根のカバー工事をさせていただいております。

リフレアルーフ確認

2019/11/11/ 野洲市にて雨漏れしている工場の屋根重ね葺き作業を行いました

前回の作業内容

同じ工事を行った施工事例

施工事例

草津市にて台風で被害を受けた淡路瓦の補修工事について

平面瓦取替前
着工前確認
工事内容
屋根補修工事
台風
使用素材
和型淡路瓦(桟瓦、冠瓦、熨斗瓦)
築年数
約35年
建坪
桟瓦差し替え3枚、棟一部補修、熨斗瓦一部補修
保証
工事費用
3万4千円
施工事例

高島市にて銅めっき製の雨樋補修と隅棟漆喰補修工事について

破損した樋
完成
工事内容
屋根補修工事
漆喰詰め増し
雨樋交換
使用素材
銅めっき製の雨樋(集水器・竪樋・エルボ・継ぎ手)、南蛮漆喰(白色)
築年数
約20年
建坪
雨樋1箇所、南蛮漆喰補修1箇所
保証
工事費用
4万円
施工事例

大津市和邇にていぶし瓦葺きの屋根の修理工事について

現況
修理完了
工事内容
屋根補修工事
漆喰詰め増し
使用素材
日本瓦(いぶし)、漆喰(白色)
築年数
約10年
建坪
ケラバ補修、桟瓦5枚差し替え、漆喰詰め直し
保証
工事費用
4万円
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181