オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

野洲市にて雨漏れしている工場の屋根の現場調査に伺いました


「工場で雨漏れする箇所があるので見に来てほしい!」
と野洲市のお客様よりお問合わせをいただきましたので調査に伺いました。
全景
今回調査する工場様です。
築60年の大ベテランの工場です。
まず工場内の様子を見せていただき、屋根に上がらせていただきます。
高さ約7メートル程ありますがハシゴを使って屋根の調査をしていきましょう。
工場内確認
まずはじめに、工場内を調査しました。
ご覧の通りスレートの裏の張りが部分的に剥がれています。
大半は今にも落ちそうな状態です。
屋根上確認
屋根の上に登ってきました。
ご覧の通りスレート葺き屋根です。
写真中央は換気の役割をするベンチレーターが見えてますね。
ケラバ確認
こちらはケラバと呼ばれている屋根の一部です。
スレート材が既にありませんでした。
通常の雨では被害はありませんが、台風や強風時の雨ですと工場内に雨水が漏れているそうです。
補修跡
こちらは部分的に板金で補修されている箇所の写真です。
ですが先の部分がビスで固定されていない為、風に煽られてめくれてしまっています。
その他にもコーキングで応急処置をされている箇所がいくつかありました。
働き確認
この写真は屋根の寸法を図る際に1枚のスレートの長さ(働き)を測って屋根全体の寸法を計算します。
スケールを屋根の端から端まで伸ばして計算しても良いのですが、働きを測って枚数を数えて計算した方が効率が良いのです!
【※ 豆知識までに】
樋確認
最後に雨樋の確認をしました。
ご覧の通りの雨樋である軒樋は土やゴミが詰まっており、苔も発生しています。
樋の詰まり
触って確認してみましたが水で固まっており、軒樋に接着されているような強い粘着を感じました。
無理に剥がすと破損してしまいます。
水の流れはまったくありませんので、雨樋の工事が必要です。
調査全体を通して、スレート屋根のカバー工事をして雨漏れを防ぐのが良いと判断しました。
またの軒樋と竪樋の取替えもご提案させていただきました。
最後にお客様に写真をお見せし、見積を提出することを約束して現場調査完了となりました。
本日紹介したブログの他にも施工事例お客さまの声をアップしておりますので是非ご覧ください!
昨日より台風15号が発生しました。近畿地方を通過するようです。
ご自宅の屋根は雨漏れ等問題はありませんでしょうか?
雨漏れしていてもお客様自身が屋根に登って養生をすることは大変危険です。
取り急ぎ誰でも良いからと考えるのではなく、専門業者に養生を依頼する事をおススメ致します。
街の屋根やさん びわ湖大橋店は無料で点検も承っております!

同じ工事を行った施工事例

施工事例

草津市にて台風で被害を受けた淡路瓦の補修工事について

平面瓦取替前
着工前確認
工事内容
屋根補修工事
台風
使用素材
和型淡路瓦(桟瓦、冠瓦、熨斗瓦)
築年数
約35年
建坪
桟瓦差し替え3枚、棟一部補修、熨斗瓦一部補修
保証
工事費用
3万4千円
施工事例

高島市にて銅めっき製の雨樋補修と隅棟漆喰補修工事について

破損した樋
完成
工事内容
屋根補修工事
漆喰詰め増し
雨樋交換
使用素材
銅めっき製の雨樋(集水器・竪樋・エルボ・継ぎ手)、南蛮漆喰(白色)
築年数
約20年
建坪
雨樋1箇所、南蛮漆喰補修1箇所
保証
工事費用
4万円
施工事例

大津市和邇にていぶし瓦葺きの屋根の修理工事について

現況
修理完了
工事内容
屋根補修工事
漆喰詰め増し
使用素材
日本瓦(いぶし)、漆喰(白色)
築年数
約10年
建坪
ケラバ補修、桟瓦5枚差し替え、漆喰詰め直し
保証
工事費用
4万円
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181