高島市にて倉庫屋根の雨漏れについて現場調査に伺いました


高島市にて昨年の台風時にあった雨漏れの現場調査について紹介致します。
こちらは台風の被害にあう前にできる対策方法をまとめましたので合わせてご覧ください!
全景写真
こちらの下屋付き片流れ倉庫です。
台風が去った2日後にお客様より「倉庫内が雨漏れしていたので見に来てほしい」と受けましたので、すぐに伺いました。

箇所確認
写真中央の青いテープで囲われている箇所に雨漏れしていたそうです。
見てみると確かにシミが出来ていました。
幸いにもお客様の商品の上には雨が落ちていなかったので一安心です。
この部分から
真上を見上げると、このように丁度下屋部分と大屋根部分の取り合い箇所にあたるようです。
また、サッシもあるので屋根に上がって調査が必要です。
この部分です
屋根に上がってきました。
先程の外部がこちらです。
調査すると窓サッシや廻りのコーキングに痛みや傷はなく、まだまだ丈夫でした。
そう考えると次に調査すべきは水切り部分です。
水切り部分は外壁と下屋の屋根材との取り合いに取り付けた屋根材を指します。
近くで調べてみましたが、破損やひび割れもありません。
面戸を調査
こちらは「面戸」と呼ばれている屋根と外壁の隙間を塞ぐものです。役目は風や雨などの吹替えしから建物を守るものです。
さて中はどうなっているでしょうか。
ダブル面戸
中を見ると中には木くずや葉っぱが大量に入っていました。
また、中のコーキングをかなり劣化しています。
雨漏れの原因はこちらの可能性が高いと判断しました。
普段のような雨風では決して雨漏れしないような箇所も、台風ではこのような箇所からも漏れてきます。
写真をお見せしながらと調査結果をお客様に説明し、どのような工事が必要かお伝えさせていただきました。
後日見積を提出することをお約束し今回の調査は完了と致しました。
今週で梅雨明けの予報が出ていますね。
ご自宅の屋根は雨漏れ等問題はありませんでしょうか?
雨漏れしていてもお客様自身が屋根に登って養生をすることは大変危険です。
取り急ぎ誰でも良いからと考えるのではなく、専門業者に養生を依頼する事をおススメ致します。
街の屋根やさん びわ湖大橋店は無料で点検を承っております!

電話番号は0120-661-181
HPからはこちらからお問合せください!

同じ地域の施工事例

施工事例

高島市にて銅めっき製の雨樋補修と隅棟漆喰補修工事について

破損した樋
完成
工事内容
屋根補修工事
漆喰詰め増し
雨樋交換
使用素材
銅めっき製の雨樋(集水器・竪樋・エルボ・継ぎ手)、南蛮漆喰(白色)
築年数
約20年
建坪
雨樋1箇所、南蛮漆喰補修1箇所
保証
工事費用
4万円
施工事例

高島市にて強風で屋根が破損した工場の屋根カバー工事について

屋根破損状況
最終完成
工事内容
屋根カバー工事
雨樋交換
足場
使用素材
ガルバリウム鋼板(やまなみ2型)
築年数
40年以上
建坪
約470㎡
保証
工事費用
5,600,000円
施工事例

高島市にて日本瓦葺き屋根の全面葺き替え工事について

着工前
完了
工事内容
屋根葺き替え
足場
使用素材
日本瓦
築年数
40年以上
建坪
約750㎡
保証
工事費用
300万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

全景

大津市のお客様より「強い雨が降ると縁側が雨漏りして困っている」とご連絡をいただいたので即日伺いました。

養生作業

先日、湖南市夏見にて雨漏れでお困りの縁側屋根の現調をさせていただいたお客様の工事が着工しましたので紹介します。

天井飛散

2019年6月26日本日、令和初の台風が日本付近で発生し、上陸すると予想されています。
みなさんは台風対策を始められましたか?
昨年の台風21号の被害が記憶に残っています。
いつあのような台風が発生...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181