草津市にて日本瓦屋根の破風板取り替え工事を行いました


草津市にて日本瓦葺き屋根の破風板取り替え工事を先日行いましたので紹介致します。
きっかけは昨年発生した台風の被害でした。
もともと予定されていた屋根業者が約1年経った今でも見積の下見である現場調査に来てくれず、お客様より「なんとかしてほしい」と連絡をいただき工事をさせていただくことになりました。
瓦葺き屋根の詳しい工事内容や説明をまとめましたので、こちらも合わせてご覧ください。
全景写真
こちらが工事させていただいた和瓦葺きの木造倉庫です。
ところで皆さんはどこが屋根の破風板部分かご存知でしょうか?

破風とはどこか
この三角屋根の斜辺になっている端の付近をケラバと呼ばれています。
このケラバの端の端、側面の部分を破風(はふ)と呼び、使われている建材の原料や形状から破風板(はふいた)と呼ばれることもあります。

破風の最大の役割は、雨や風を防ぐことにあります。
建物の屋根は上からの風や雨に対して強い構造になっていますが、横や下からの雨風に対して弱いという特徴があります。
破風があることで、屋根裏に侵入する雨風を妨ぐ効果があるのです。
取り付け後
台風の被害で既存の破風板は強風に負けてしまい破損しており、飛散も確認できました。
アップ
そして足場を組んでから新しい破風板に取り替えました。

完了
最後に防腐剤を破風板部分に塗装して工事完了です。
完了しました
全体でみるとこのように違和感なく破風板を取り付けることができました。
じとじとした雨が続いていますね。
ご自宅の屋根は雨漏れ等問題はありませんでしょうか?
雨漏れしていてもお客様自身が屋根に登って養生をすることは大変危険です。
取り急ぎ誰でも良いからと考えるのではなく、専門業者に養生を依頼する事をおススメ致します。
街の屋根やさん びわ湖大橋店は無料で点検を承っております!

電話番号は0120-661-181
HPからはこちらからお問合せください!

同じ工事を行った施工事例

施工事例

草津市にて台風で被害を受けた淡路瓦の補修工事について

平面瓦取替前
着工前確認
工事内容
屋根補修工事
台風
使用素材
和型淡路瓦(桟瓦、冠瓦、熨斗瓦)
築年数
約35年
建坪
桟瓦差し替え3枚、棟一部補修、熨斗瓦一部補修
保証
工事費用
3万4千円
施工事例

高島市にて銅めっき製の雨樋補修と隅棟漆喰補修工事について

破損した樋
完成
工事内容
屋根補修工事
漆喰詰め増し
雨樋交換
使用素材
銅めっき製の雨樋(集水器・竪樋・エルボ・継ぎ手)、南蛮漆喰(白色)
築年数
約20年
建坪
雨樋1箇所、南蛮漆喰補修1箇所
保証
工事費用
4万円
施工事例

大津市和邇にていぶし瓦葺きの屋根の修理工事について

現況
修理完了
工事内容
屋根補修工事
漆喰詰め増し
使用素材
日本瓦(いぶし)、漆喰(白色)
築年数
約10年
建坪
ケラバ補修、桟瓦5枚差し替え、漆喰詰め直し
保証
工事費用
4万円

同じ地域の施工事例

施工事例

高島市にて銅めっき製の雨樋補修と隅棟漆喰補修工事について

破損した樋
完成
工事内容
屋根補修工事
漆喰詰め増し
雨樋交換
使用素材
銅めっき製の雨樋(集水器・竪樋・エルボ・継ぎ手)、南蛮漆喰(白色)
築年数
約20年
建坪
雨樋1箇所、南蛮漆喰補修1箇所
保証
工事費用
4万円
施工事例

高島市にて強風で屋根が破損した工場の屋根カバー工事について

屋根破損状況
最終完成
工事内容
屋根カバー工事
雨樋交換
足場
使用素材
ガルバリウム鋼板(やまなみ2型)
築年数
40年以上
建坪
約470㎡
保証
工事費用
5,600,000円
施工事例

高島市にて日本瓦葺き屋根の全面葺き替え工事について

着工前
完了
工事内容
屋根葺き替え
足場
使用素材
日本瓦
築年数
40年以上
建坪
約750㎡
保証
工事費用
300万円
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181