高島市の昨年台風被害と処置について紹介します【台風3号発生】


2019年6月26日本日、令和初の台風が日本付近で発生し、上陸すると予想されています。
みなさんは台風対策を始められましたか?
昨年の台風21号の被害が記憶に残っています。
いつあのような台風が発生してもおかしくありませんので、早めに対策を取られることをおススメいたします。
本日は昨年の台風21号の台風災害状況と通過後の応急処置を紹介致しますので最後までご覧ください。
天井飛散
昨年の台風21号が通過してすぐ、高島市のお客様の被害がないかパトロールで巡回していた際に、周辺の住民の方から「天井が剥がれていて今にも飛んでいきそうだ」と直接連絡をいただいたので伺うと、駐車場の吹き抜け部分の天井が強風で剥がれてしまっていました。
確かにいつ飛んでいってしまってもおかしくない状況でした。
第三者にも被害を出さない為に応急処置としてトラロープで周囲へ飛んでいかないようしっかり固定しました。
対応後
翌日、大型トラックで天井を撤去して応急処置は完了となりました。
その後、剥がれてしまった天井を新たに取り付ける工事も行いました。
工場被害
次にこちらの工場様です。
外壁が強風で破損してしまい穴が開いてしまっています。

対応しました
こちらも通過後すぐに高所作業車を用意してシートと桟木で養生をいたしました。
屋根上の被害
こちらの工場様は屋根も破損してしまっていて、雨漏れでお客様は大変お困りでした。
対応
破損した部分を丈夫なシートで貼り付けて応急処置は完了しました。
店舗破損状況
こちらの店舗様はケラバと外壁が完全に剥がれてしまい店内が露出してしまっていました。
ブルーシート養生
通過後すぐに高所作業車でブルーシート養生をして応急処置の完了です。
今年も梅雨に合わせて台風のシーズンが到来しつつあります。
一番重要なことは、被害を見つけても「自分でなんとか養生をしようと屋根に登らないこと」です!
台風接近時に毎年のように起こる事故、それが屋根からの落下です。
大型の台風の際にはほぼ毎回、死亡事故が発生しています。
落下事故に遭い、重い障害を抱えることになる方もいます。接近中はいつ、突風が吹いてもおかしくない状態です。通過後も同様で、突風が吹きやすい状態が半日以上も続きます。
雨は足元を滑りやすくしますし、屋根に苔が生えている場合はさらに滑りやすくなります。無理や無茶は絶対にいけません。点検は地面からの目視程度にとどめましょう。それ以上は私たち、街の屋根やさんにお任せください。
台風被害の点検・養生・雨漏れ対策など随時承っております。
すぐにご連絡ください!

同じ工事を行った施工事例

施工事例

草津市にて台風で被害を受けた淡路瓦の補修工事について

平面瓦取替前
着工前確認
工事内容
屋根補修工事
台風
使用素材
和型淡路瓦(桟瓦、冠瓦、熨斗瓦)
築年数
約35年
建坪
桟瓦差し替え3枚、棟一部補修、熨斗瓦一部補修
保証
工事費用
3万4千円
施工事例

高島市にて銅めっき製の雨樋補修と隅棟漆喰補修工事について

破損した樋
完成
工事内容
屋根補修工事
漆喰詰め増し
雨樋交換
使用素材
銅めっき製の雨樋(集水器・竪樋・エルボ・継ぎ手)、南蛮漆喰(白色)
築年数
約20年
建坪
雨樋1箇所、南蛮漆喰補修1箇所
保証
工事費用
4万円
施工事例

大津市和邇にていぶし瓦葺きの屋根の修理工事について

現況
修理完了
工事内容
屋根補修工事
漆喰詰め増し
使用素材
日本瓦(いぶし)、漆喰(白色)
築年数
約10年
建坪
ケラバ補修、桟瓦5枚差し替え、漆喰詰め直し
保証
工事費用
4万円

同じ地域の施工事例

施工事例

高島市にて銅めっき製の雨樋補修と隅棟漆喰補修工事について

破損した樋
完成
工事内容
屋根補修工事
漆喰詰め増し
雨樋交換
使用素材
銅めっき製の雨樋(集水器・竪樋・エルボ・継ぎ手)、南蛮漆喰(白色)
築年数
約20年
建坪
雨樋1箇所、南蛮漆喰補修1箇所
保証
工事費用
4万円
施工事例

高島市にて強風で屋根が破損した工場の屋根カバー工事について

屋根破損状況
最終完成
工事内容
屋根カバー工事
雨樋交換
足場
使用素材
ガルバリウム鋼板(やまなみ2型)
築年数
40年以上
建坪
約470㎡
保証
工事費用
5,600,000円
施工事例

高島市にて日本瓦葺き屋根の全面葺き替え工事について

着工前
完了
工事内容
屋根葺き替え
足場
使用素材
日本瓦
築年数
40年以上
建坪
約750㎡
保証
工事費用
300万円
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181