大津市堅田にて雨漏りしている建物の現場調査に行きました


先日、堅田にある施設のオーナー様より「室内が雨漏れしていて困っている」とご連絡をいただき、現場調査に伺いましたので今回はそちらの様子をご紹介致します。

まず、はじめに実際に漏れている箇所の確認から行います。

室内
3階建ての建物なのですが実際に3階に上がり部屋を確認すると、既に天井の材料であるジプトーンにシミができています。
それに加えジプトーンの継ぎ目からはポトポトと雨水が床に落ちていました。
室内
こちらは別の部屋です。
先程の写真よりも天井のシミの範囲が広く、調査に伺った際には既に床に水溜まりができていました。
まずは素早く拭き取りバケツで受けます。
その後点検口から天井裏を覗くと、やはり屋上部分から雨水が落ちてきています。
原因は屋上にありそうです。

全体
実際に屋上へ上がりました。
その頃には天気は回復していたのでじっくり調査ができそうです。
まず、すぐに目に飛び込んできたのはグーレな部分とピンクな部分がまばらに見えている事です。
これは塩ビシート防水が初めに施工されており、その上に塗膜防水としてピンクの塗料で塩ビシートを保護する形で施工されていました。お話しをオーナー様に伺うと前回の防水工事より13年程経っているとのことで、保護の役目だった塗膜が剥がれてしまっている状態です。

全体
別の角度で見ても塗膜がほとんど剥がれてしまい黒く変色しているのがわかりますね。

全体
長い年月をかけて塗料が流れてしまったり、流れきれずとどまって変色しています。
全体
特に配管廻りが流れきれていません。実際にここには大きな水溜まりができていて水はけ状態も良くないようです。
通路
こちらは雨漏れしていた部屋の真上に位置しています。
同様に塗膜が剥がれており、実際に塩ビシートも状態が悪く表面が傷んでいました。
立ち上り部分
立ち上がりのコンクリート部分ですが、クラックが入っています。
雨が降るとクラックの中に雨が入ってしまい、雨漏れの原因のひとつと考えられます。

以上のように経年劣化の為、屋上から雨が漏れた可能性が高い事と、どのような工事を行うと効果的かオーナー様にご説明をし見積を提出させていただきました。
このように前回の防水工事から10年以上経過している場合はメンテナンスの時期を迎えています。
普段確認しないような箇所ですので、点検や調査は街の屋根やさんびわこ大橋店にお任せください。
ご連絡をお待ちしております!

同じ工事を行った施工事例

施工事例

大津市で福祉施設の破損した塩ビ製の樋取替工事について

樋現状
樋完了
工事内容
雨樋交換
その他の工事
使用素材
塩ビ製の雨樋
築年数
15年
建坪
保証
工事費用
14万円

同じ地域の施工事例

施工事例

大津市にてカラーベスト葺き屋根の塗装工事を行いました

カラーベスト塗装前
塗装をして綺麗になった
工事内容
屋根塗装
足場
使用素材
シリコン樹脂系塗料
築年数
13年
建坪
180㎡
保証
工事費用
60万円
施工事例

大津市和邇にていぶし瓦葺きの屋根の修理工事について

現況
修理完了
工事内容
屋根補修工事
漆喰詰め増し
使用素材
日本瓦(いぶし)、漆喰(白色)
築年数
約10年
建坪
ケラバ補修、桟瓦5枚差し替え、漆喰詰め直し
保証
工事費用
4万円
施工事例

大津市で福祉施設の破損した塩ビ製の樋取替工事について

樋現状
樋完了
工事内容
雨樋交換
その他の工事
使用素材
塩ビ製の雨樋
築年数
15年
建坪
保証
工事費用
14万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

破損箇所確認

高島にある施設様より「外の天井が壊れているので修理してほしい」と連絡をいただきました

お宅の全景

「屋根の材料が落ちているので見に来てほしい」と大津市のお客様様よりお問合わせをいただきましたので現場調査に伺いました。

看板外観

以前からお付合いのある、工場様の屋根上看板の点検時期がきましたので伺いました。