オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

滋賀県の皆さん、屋根のリフォームの種類や最適な工法選びについて!!


20cfce153c6dcbd30dc35695758066ae-92-columns1
滋賀県の皆さん、皆さんのご自宅の屋根は家を雨風から守るためにとても重要な役割を果たします。
時間の経過とともに劣化が進んでしまうため、定期的なリフォームが必要となります。

しかし屋根のリフォームといっても何をしたら良いのか分かりませんよね??
今回はこのような疑問を解決するために、以下の2点について解説します。

・屋根リフォームの種類
・屋根リフォーム方法の選び方

屋根のリフォームをご検討中の方にぜひ知っておいてもらいたい基本的な内容になています。
わかりやすく解説していきますので最後までお読みください!!

屋根のリフォームの種類について

屋根のリフォームの種類は、大きく分けて3つあります。
・屋根の塗装
・カバー工法
・葺き替え工法

まずは、この3つの種類について概要をご紹介します。

■屋根の塗装
屋根の塗装は屋根リフォームの中では、最も手軽な工事になります。
既存の屋根を洗浄して、下地の補修をしたあとに塗装を行います。
塗装をする事で、屋根を紫外線から守り屋根の寿命を伸ばすという効果が得られます。

塗料にはシリコン塗料やフッ素塗料が使用され、耐久性の低いアルカリ塗料や
高価なウレタン塗料は滅多に使用されません。

■カバー工法
屋根のカバー工法は既存の屋根材の上に、新しい屋根を張る工法です。
古い屋根の撤去や下地調整を行わないため、葺き替え工法よりも安価にリフォームできます。

すでにカバー工法でリフォームされている屋根だと追加で重ね葺きえをする事はできません。
また、既存の屋根が瓦屋根の場合には施工できません。

■葺き替え工法
屋根の葺き替え工法は、既存屋根を撤去して新しい屋根を設置するリフォームです。
屋根を解体・撤去し、下地を整える作業を行ったうえで屋根の設置を行います。
このため、屋根全体が新築と同じ状態に戻ります。

既存の屋根と違う屋根材に変えることもでき、建物の雰囲気を大きく変える事もできるリフォーム方法です。

それぞれの工法のメリット・デメリット

屋根の塗装

メリット
・リフォーム費用が安価ですむ
・遮熱や断熱塗料を使用すると室内が快適になる
・屋根の寿命を延ばせる

デメリット
・定期的なメンテナンスが必要
・屋根材の劣化が進んでいる場合には適さない
・業者の技術力が低いと雨漏りが発生する

屋根塗装の最大のメリットはリフォーム費用が安くすむことですが、屋根塗装の寿命は
10~15年しかありませんので定期的に塗り替えが必要になります。

カバー工法

メリット
・廃材が出ない
・断熱性が上がる
・リフォーム中でも普通に生活できる

デメリット
・下地の状態が悪いと施工できない
・屋根が重くなり建物の耐震性が低下する

カバー工法は既存の屋根を残すため、手軽に快適な生活を手に入れることができますが
カバー工法ができるのは、基礎となる下地に問題がない場合のみなので
何十年もメンテナンスしていないような屋根には施工できない事もあります。

葺き替え工法

メリット
・軽量な屋根材に葺き替えれば建物の耐震性が上がる
・雨漏りを解消できる
・次回のリフォームまでの期間が長くなる

デメリット
・工事期間が長くかかる
。廃材の処分費用がかかる

葺き替え工法は屋根を作り直すことになるため、屋根の寿命が延びますが
既存の屋根の撤去から行うため、リフォーム工事が大掛かりになり
他のリフォームより高額な費用が発生します。

リフォーム方法の選択の仕方

●屋根塗装が適している条件
屋根は野地板やルーフィング(防水シート)、屋根材といった3層構造になっています。
このうち屋根材の表面だけが劣化していた場合には、屋根塗装で対応可能です。
表面の劣化の症状として
・塗装はがれ
・色あせ(変色)
・チョーキング
上記の症状であれば、屋根塗装でリフォームしましょう。

●カバー工法が適している条件
屋根材が劣化していても、ルーフィングや野地板などの屋根内部まで劣化が進んでいない場合は
カバー工法でリフォームができます。
屋根材の劣化症状として
・ひび割れ
・欠け
・反り
ひび割れや欠けの場合には、簡単な補修で直せることもあります。
ただし屋根全体の劣化が進んでいる場合には、直しても他の部分がまた壊れる可能性が
あるため葺き替えによるリフォームが必要です。

●葺き替え工法が適している条件
野地板やルーフィングなど内部まで劣化しているというのは、屋根全体が弱っている状態です。
屋根の内部もメンテナンスが必要になる場合はすべてを交換する葺き替え工法が適しています。
屋根の内部なので目視で確認する事ができません。

屋根の内部が劣化しているかどうかは、雨漏りの有無や業者による調査で確認してください。
雨漏りが発生している場合には、野地板の劣化が進んでいる可能性が考えられます。

また日本瓦の屋根はカバー工法には適していないため、瓦にひび割れや欠けが目立ったら
葺き替えリフォームしましょう。

まとめ

滋賀県の皆さん、今回は屋根リフォームの種類や最適な工法選びについてご紹介しました。
屋根リフォームは大きく分けて3つの方法がありましたね。
劣化の度合いや前回のメンテナンスからどのくらい経っているかなどから
選択する工法が変わってきます。

屋根の事やお家の事などでお悩みやご相談がある方、屋根工事をお考えの方などは
街の屋根やさんびわ湖大橋店までお気軽にご相談ください。 
お問い合わせはメールまたは電話でお待ちしております。


信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181