オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

大津市の皆様にお知らせ!ベランダ防水工事の種類


495589_s
大津市の皆様、こんばんわ!
街の屋根やさんびわ湖大橋店 熊谷です!

ベランダには防水工事が行われていることはご存じでしょうか? 
住宅を建設する際にべランダも屋根と同様に、日光や雨に晒されるため、防水工事が行われています。 

新築から10年もすると、ベランダ防水に不具合が発生することがあり、雨漏りの原因になります。

ここでは、ベランダ防水工事の種類などについて大津市の皆様に紹介させていただきます。


  関連ページ  
~ベランダ防水をまとめた詳しいページです~


【ベランダ防水工事】種類について

ベランダ防水工事には、FRP防水の他、ウレタン塗膜防水シート防水アスファルト防水があり、ベランダ防水工事を依頼する際はこの中から選ぶことになるので大津市の皆様に紹介します。


FRP
FRPとは繊維強化プラスチックのことで、新しい住宅のベランダの多くはこのFRP防水を使っているので、大津市の皆様に紹介します。 

FRP防水は、優れた防水性、耐熱性、耐久性を発揮するベランダ防水工事です。
間違いなく、防水工事でトップクラスです!
なぜならロケットやプール・浴槽に使用されているくらい丈夫だからです!
 
ですが、固い分、伸縮性が少ない繊維強化プラスチックは地震にとても弱いです。
ひび割れが発生することがあるのです・・・
しかもマンションや屋上といった広面積には施工できません。

また、定期的にベランダ防水工事として表面の塗り替えが必要になり、コストがとても高いというデメリットもあります。



ウレタン塗膜防水
ウレタン防水はウレタン樹脂塗料を使った防水工事です。

複雑な形のベランダであっても、ウレタン樹脂塗料を塗ることで仕上げるので対応か可能です。 
既存防水がシート出ない限り、上から塗布することができるので費用が抑えらるのでオススメです!
また、FRP防水と違い伸縮性に優れています。広範囲でも施工可能です。

経年劣化によって早ければ、約5年ごとにトップコートを塗り替えなければならないデメリットもあります。


  関連ページ  
~屋上でウレタン塗膜防水工事の施工ブログ~


ウレタン塗膜防水完成1
ウレタン塗膜防水完成4
塩ビシート
ベランダ防水工事の中でも、塩化ビニールシート防水は防水シートに接着剤などを塗布して下地に貼りつけます。 

塩ビシート防水はベランダ防水工事よりは屋上の防水で行うことが多いです。 
FRP防水と比較して安価にベランダ防水工事が行える上、優れた伸縮性を発揮するため、亀裂が発生した下地でも対応することが可能となっています。 

シート防水で使う防水シートは薄いため破損しやすい上、平らな下地に施工することが基本となっているので、複雑な形に対応できないデメリットがあります。


  関連ページ  
~屋上で塩化ビニールシート防水工事の施工ブログ~



塗膜防水
ベランダ防水工事の中でも、アスファルト防水は合成繊維不織布にアスファルトを染み込ませたルーフィング(防水シート)を貼り重ねます。 
アスファルト防水は優れた防水性能を発揮する上、低価格の施工費用で行えるベランダ防水工事です。 

アスファルト防水はメンテナンスの頻度が減らせるメリットがあります。 
ただし寿命が短く、現在ではウレタン塗膜防水の方が有名になりました。


  関連ページ  
~屋上でアスファルト防水工事の施工ブログ~

ベランダ防水工事なら街の屋根やさんびわ湖大橋店へ

ベランダ防水工事の種類などについて大津市の皆様に紹介しました。 

ベランダ防水工事で心配事がある方は街の屋根やさん びわ湖大橋店までお気軽にご相談ください。 




榊原様写真
((メールでご相談))
簡単入力

((電話でご相談))
0120-661-181
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181