オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

高島市の方へ、その雨漏り火災保険が適用されるかもしれません!!


着工前
高島市の皆さん、ご自宅で台風が原因で雨漏りしてしまったなどという経験はありませんか??
雨漏りの工事となると、高額になるような気がして見て見ぬフリをしてしまったりしていませんか??

じつは雨漏りの被害で火災保険が適用になるケースも少なくありません。
今回はどのような雨漏りの場合に火災保険が適用になるか?またその条件について
ご紹介していこうと思います。

雨漏りに適用される火災保険の条件

住宅保険のうち、雨漏りに使えるのは火災保険になります。
火災保険には、自然災害による被害に適用される保険があります。
そのため雨漏りの原因が自然災害の場合、火災保険が適用される可能性があります。

雨漏りの被害が発生する自然災害は風災、雪災、雹災の3つがあります。
これらの自然災害によって雨漏りの被害にあった場合、火災保険が適用可能です。
ではそれぞれの被害について具体的な条件や例をご紹介します。

■風災
風災は台風や突風、竜巻といった強い風によって引き起こされる自然災害です。
強い風が原因で雨漏りが発生したとき、火災保険が適用可能です。
・強風や大雨で屋根や壁が破損して雨漏りが発生した
・強い風で瓦がずれてしまった
・強い風で屋根や壁の一部が変形した

■雪災
雪災は大雪や落雪、雪解け水といった雪によって引き起こされる自然災害です。
雪が原因で屋根の破損や雨漏りが発生した時、火災保険が適用可能です。
・大雪によって屋根が破損して夏に雨漏りが発生した
・別の建物からの落雪により屋根が破損した
・雪解け水が原因で雨漏りが発生した

■雹災
雹災は、雹によって引き起こされる自然災害です。
雹が原因で雨漏りが発生したとき、火災保険が適用可能です。
・雹が降ってきて屋根が破損したために雨漏りが発生した
・別の建物からの雹が落下して屋根や壁が破損したために雨漏りが発生した

火災保険が適用されないケース

外壁チョーキング
雨漏りの被害があっても火災保険が適用されないケースがあります。
それは建物の経年劣化によって雨漏りが発生したと判断される場合です。
特に築年数が古い建物の場合、自然災害が経年劣化の判断が難しいケースがあります。

自然災害が原因であると判断されるポイントとして災害以前に雨漏りが発生していたかどうかが
重要となります。そのため、雨漏りの被害を確認したらできる限り早く申請を行いましょう。

一般的な火災保険の場合、被害から3年が経過すると時効となって保険金が
受け取れなくなってしまいます。
また自然災害による雨漏りと認められた場合でも、支払いがおこなわれないケースもあります。
理由としては火災保険の免責条項があります。

免責条項とは、一定の金額以下の被害の場合に支払いを行わない代わりに毎月の保険料が
安くなる契約です。火災保険によって金額は違いますが、雨漏りといった小さな被害では
免責条項の支払い不可条件内の金額で収まってしまう事も多くあります。

火災保険の契約内容はきちんと確認するようにしましょう。

まとめ

今回は雨漏りで火災保険が適用されるケースや適用されないケースについて
詳しくご紹介しました。
皆さんも一度、ご自宅の火災保険の契約内容について確認してみましょう。

高島市の方以外も屋根の事やお家の事などでお悩みやご相談がある方、屋根工事をお考えの方などは
街の屋根やさんびわ湖大橋店までお気軽にご相談ください。 
お問い合わせはメールまたは電話でお待ちしております。


信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181