オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

草津市の方にお知らせ!屋根葺き直し工事


瓦屋根葺き直し
草津市のみなさん、はじめまして
街の屋根やさん びわ湖大橋店の熊谷と申します。

「屋根葺き直し」と聞いて皆さんはどのような事をイメージされますでしょうか?
実は「屋根葺き替え」と「屋根葺き直し」では違いがあるのでご紹介させていただきます。


  関連ページ  
~屋根葺き直しについてもっと詳しい記事~
これまでの瓦を再利用して屋根を葺き替える屋根葺き直し
「屋根葺き直し」は、既存の屋根材は一旦撤去するだけで、再利用して工事をします。
 既存の瓦を撤去し、下地の清掃をはじめ、野地板の交換や補修などを行い、ルーフィングを貼り付けます。 
最後に足場を撤去した後に清掃して屋根葺き直し工事は完了です。 

なぜ、このようなことができるか疑問に思う方がいるかもしれませんが、「屋根葺き直し」が行われるのは瓦屋根の住宅です。 

瓦屋根で使われている和瓦の耐用年数は50年以上といわれており、耐用年数に達していない和瓦(破損・割れのない)については、再利用が可能だからです。


  関連ページ  
~屋根葺き直しの点検ブログ~
4-61-columns3
葺き直し部確認
5-57-columns3
瓦をめくらせていただきました
葺き土劣化
雨漏り現金発見
屋根葺き直しを行う最大のメリットは、既存の和瓦を再利用でできることです。
新しい和瓦を配置せず、和瓦の材料費がかからないので施工費用を抑えることができます。

また、既存の和瓦を再利用することができるので、廃却する費用がかかりません。 


ケラバ瓦

【屋根葺き直し】デメリットについて

和瓦は屋根葺き直し工事では再利用が可能ですが、セメント・モニエル瓦や金属瓦は屋根葺き直し工事には向いていません。 

セメント瓦の表面には塗料が塗られており、屋根葺き直し工事が行われる時期には塗り替えも必要なのでメリットはないんです。
塗らずに放置しておくと、瓦が簡単に割れて雨漏りの原因になります。

一方、金属瓦は、撤去する際に変形してしまうので、再利用しづらいデメリットがあります。 
最後に、破損した部分の和瓦は交換が必要ですが、必ずしも同じ和瓦が入手できるとは限らないデメリットがあります。


   関連ページ  
~雨漏りしているモニエル瓦屋根の点検ブログ~
3-53-columns3
モニエル瓦屋根
6-42-columns3
雪止め瓦破損
4-54-columns3
平面瓦破損

屋根葺き直しなら街の屋根やさんびわ湖大橋店にお任せください

「屋根葺き替え」と「屋根葺き直し」の違いやメリット・デメリットについて草津市の方に紹介させていただきました。

屋根葺き直し工事で心配事がある方は街の屋根やさん びわ湖大橋店までお気軽にご相談ください。 

屋根工事、雨漏り補修なら街の屋根やさんびわ湖大橋店にお気軽にご相談ください
【メールで問合せ】

【電話で問合せ】
0120-661-181
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181