オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

高島市の方へ、屋根リフォームについて!!おすすめリフォーム3選!!


3451786_s
高島市の皆さん、皆さんのお宅は屋根のリフォームされた事はありますか??
屋根のリフォーム方法の中には塗装、カバー工法、葺き替えの3つがあり
それぞれに施工の流れや押さえるべきポイントがあります。

今回は具体的な施工の流れとリフォームに役立つポイントについてご紹介します。

塗装の施工の流れ

塗装は既存屋根に塗材を塗る方法で、塗膜防水、シート防水、金属葺きといった
ほとんどの屋根に採用できるリフォームです。

塗装の施工の流れは以下になります。
・既存状態の調査
・劣化状態に応じた下地(既存屋根)の処理
・塗装(塗り回数はグレードによる)
・保護塗料(予算に応じて)

塗装は既存屋根の劣化状態に応じた下地処理が必要です。
既存屋根にめくれや剥がれなどが多く、劣化状態が悪いと下地補修に思わぬ費用が
かかるケースがあります。

カバー工法の施工の流れ

カバー工法は既存屋根を撤去せずに新しい屋根をかぶせる方法です。
費用が安く工期も短いため屋根リフォームで人気の高い方法です。

カバー工法の施工の流れは以下になります。
・既存状態の調査(カバー工法ができるか判断)
・附帯部の撤去
・防水シートの設置
・屋根材の設置

カバー工法は、既存屋根の劣化状態が悪いと採用できないケースがあります。

葺き替えの施工の流れ

葺き替えは既存屋根を撤去して新たに屋根を葺く方法です。
施工の流れは以下になります。
・既存屋根の撤去
・既存下地の状態確認
・新たな屋根を設置

葺き替えは既存屋根を撤去するため、費用も高く工期も長くかかります。

屋根リフォーム施工の流れやポイントについて

●塗装のポイント
既存状態の判断は塗装の品質を左右するため既存屋根の調査を行って適切な判断をすることが重要です。
既存調査の際は施工業社に頼るのではなく、新築時のハウスメーカーや設計事務所に相談してみるのも
一つの手段です。

塗装は塗料グレードに応じた塗り回数や工法があります。
見積時にどのような種類の塗装で、何回塗りで計上しているかなど事前に確認するようにしましょう。

●カバー工法のポイント
カバー工法の最大のポイントは既存屋根の上にどのように固定するかです。
シート防水のカバー工法であれば一定ピッチで固定する『機械式固定』が一般的です。

固定ピッチは風圧計算で決めるため、施工業者が計算に基づき施工できているかが重要です。

●葺き替えのポイント
葺き替えを採用する理由にカバー工法ができないくらい既存状態が悪いことが挙げられます。
葺き替えでは屋根を支える木材も状態が悪くなっていることを想定して
既存下地の状態確認をする必要があります。

既存屋根を撤去した際に垂木(屋根を支える細い木材)や束(梁を支える小さな柱)などに
激しい劣化がないか確認しましょう。

まとめ

塗装やカバー工法は、既存状態が良いうちにリフォームする事で費用や工期を抑える事ができます。
葺き替えは見落としがちな既存下地の状態確認を確実に行い不具合があれば屋根リフォームと
合わせて修繕するようにしましょう。

高島市の方以外も屋根の事やお家の事などでお悩みやご相談がある方、屋根工事をお考えの方などは
街の屋根やさんびわ湖大橋店までお気軽にご相談ください。 
お問い合わせはメールまたは電話でお待ちしております。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181