オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

大津市に暮らす方へ 雨樋修理が必要な症状と修理


655032_s
雨樋修理を考えている方の中には、どんな修理を行うのか?と疑問に考えるかもしれません。 
一言で、雨樋修理といっても、症状によって色々な方法があり、雨樋修理業者によっても方法は異なります。 
ここでは、雨樋修理が必要な症状と修理について大津市に暮らす方に紹介します。

雨樋修理が必要な症状と修理①:ゴミつまり

雨樋のゴミつまりは、枯葉や枯れ木、鳥のフン、砂が原因となっていることを大津市に暮らす方に知って欲しいです。 
これらのゴミによって雨樋がつまることで、雨樋に雨水が流れなくなる症状が出ます。 
ゴミつまりが原因で、雨樋が傷んで穴あきが発生してしまうこともあるので注意して下さい。 

これらのゴミを取り除く雨樋修理を行いますが、ゴミが見えている部分については、簡単に取り除くことはできますが、ゴミが見えない部分については専門業者に任せたほうがよいでしょう。

雨樋修理が必要な症状と修理②:継ぎ手の外れ

雨樋の部品には、部材と部材をつなぐ継ぎ手というものがあるので、大津市に暮らす方に紹介します。 
例えば、縦継手が割れてしまい外れる症状が出ることで、雨水が上から下へ流れなくなるので、雨樋修理が必要になります。
雨樋修理では、サイズが合う継ぎ手を用意して、接着材を塗って繋ぎ合わせます。 

縦継手を繋ぐことは簡単ですが、高所作業となり足場を確保しなければならないことがあるので、専門業者に依頼したほうがいいでしょう。

雨樋修理が必要な症状と修理③:軒樋金具の曲がり

軒樋は、軒先に装着されている雨樋のことです。 
軒樋金具によって軒先に軒樋が装着されていますが、強風に煽られたり、雪の重みに耐えられなくなったりして、曲がってしまう症状ができることがあるので大津市に暮らす方に知って欲しいです。 

ステンレス、亜鉛メッキ、銅でできている軒樋金具が曲がってしまうと、交換しなければなりません。

雨樋修理が必要な症状と修理④:雨樋のひび割れや穴あき

樹脂でできた雨樋の場合、日光に晒され劣化して穴あきが発生することがあります。 
また、金属製の雨樋は、錆びて穴あきが発生することがあるので大津市に暮らす方に紹介します。 
雨樋にひび割れや穴あきが発生することで、雨水が漏れてしまう症状ができます。 

雨樋のひび割れや穴あきの雨樋修理では、応急処置としてアルミでできた雨樋補修テープをひび割れや穴あきが発生した部位に貼り付ける方法があります。 
一方、恒久対策として行われる雨樋修理としては雨樋を部分的に交換する方法があります。

雨樋修理が必要な症状と修理⑤:耐用年数が過ぎた雨樋

雨樋は他の建材と同様に、耐用年数が過ぎると、至る所に穴あきや変形が発生することがあるので大津市に暮らす方に紹介します。 
このような不具合が広範囲に発生した場合、雨樋の全交換が必要になります。 

雨樋修理では、まず足場を組んだら、既存の雨樋を取り外してから、新しい雨樋の指示金具を配置します。 
既存の指示金具を固定していた雨樋の穴はシーリング材などを充填して埋めます。 
新しい雨樋を適正な長さにカットした後、配置します。 雨樋を全て交換するためには2人の作業員で2~3日かかります。

まとめ

雨樋修理が必要な症状と修理について大津市に暮らす方に紹介しました。 
雨樋修理が必要な症状は、ゴミつまりをはじめ、継ぎ手の外れ、軒樋金具の曲がり、雨樋のひび割れや穴あき、耐用年数が過ぎた雨樋となっています。 

雨樋修理については、ゴミつまりは清掃して、継ぎ手の外れはサイズが合う継ぎ手を用意して接着材を塗って繋ぎ合わせます。 
また、軒樋金具の曲がりは軒樋金具を交換して、雨樋のひび割れや穴あきはアルミでできた雨樋補修テープの貼り付けや雨樋を交換して、耐用年数が過ぎた雨樋は交換です。 

紹介した修理をご自分で行おうとする方はしるかもしれませんが、高所作業が伴うことがあるので、専門業者に依頼して下さい。

雨どい修理で心配事がある方は街の屋根やさん びわ湖大橋店までお気軽にご相談ください。 
お問い合わせはメールまたは電話でお待ちしております。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181