オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

大津市の皆様へ朗報!屋上防水マンション工事の種類と耐用年数


4068755_s
マンションの多くは、コンクリートを使って建てられており、頑丈でほぼメンテナンスフリーだと思われがちです。 

しかし、マンションの屋上にある防水層の劣化によって、雨漏りが発生することはあり、定期的な点検とメンテナンスが必要です。 

ここでは、屋上防水マンション工事の種類と耐用年数について大津市の皆様に紹介します。


  関連ページ  
~屋上防水についてもっと詳しい記事~

屋上防水マンション工事の種類と耐用年数とは?

屋上防水マンション工事の種類には、大きく分けてウレタン防水、シート防水、FRP防水などがあります。 
それぞれの屋上防水マンション工事は、作業方法や耐用年数が異なるので大津市の皆様に紹介します。
ウレタン塗膜防水
ウレタン塗膜防水完成1
屋上防水マンション工事の中でもウレタン防水は、液体の防水材を塗り重ねて防水層を作るため、複雑な形状にも対応でできます。

そのため、マンションの屋上などに大きなものが設置してあってもウレタン防水であれば施工できます。

ウレタン防水は軽く、既存の防水層をそのままして施工できるので、廃却費用を抑えることが可能です。
ウレタン防水は亀裂が発生しやすく、耐用年数は10年前後となっていますが、メンテナンスをしっかり行えば、維持することは可能な屋上防水マンション工事です。 

屋上防水マンション工事の中でもウレタン防水には密着工法や通気緩衝工法といった手法があります。 
密着工法は、ウレタン防水材に補強布(メッシュ素材)を貼り付けてから、ウレタン防水材を塗り重ねて防水層を成形します。 
通気緩衝工法は通気緩衝シートの上からウレタン防水材を塗ります。


  関連ページ  
~ウレタン防水についてもっと詳しい記事~
防水シート敷き込み
塩ビシート
屋上防水マンション工事の中でもシート防水は、塩シート防水化ビニールシートなどを接着剤などで貼り付ける方法で、短い施工時間で完成し、メンテナンスはあまり必要ないのでランニングコストを抑えられます。 
また、既耐用年数は10年前後となっている屋上防水マンション工事です。 

ただ、シートを使うため、剥離する恐れがあります。

シート防水には、接着工法や機械的固定工法といった手法があります。 
接着工法は接着剤を下地などに塗ってから貼り付ける手法となっています。


  関連ページ  
~シート防水のより詳しい記事~

~シート防水を採用した施工ブログ~
FRP
屋上防水マンション工事の中でもFRP防水は、FRPを使った防水方法となっており、ガラス繊維製のプラスチックとポリエステル樹脂で構成されています。 
FRP防水は、軽量なプラスチックを使用するので、建物に負担をかけにくく腐食しにくいです。

また、ポリエステル樹脂を使っているので、摩擦、温度変化、紫外線対して強いメリットがある屋上防水マンション工事です。 
ただ、伸縮性が少なく、大地震が発生した場合に割れる可能性があるデメリットがあります。 

また、FRP防水は屋上防水マンション工事の中でも、施工費用が高いというデメリットがあるため、高級マンションを中心に行われている屋上防水です。


  関連ページ  
~より詳しいFRP防水の記事~

まとめ

屋上防水マンション工事の種類と耐用年数について大津市の皆様に紹介しました。  

防水工事で心配事がある方は街の屋根やさん びわ湖大橋店までお気軽にご相談ください。 
お問い合わせはメールまたは電話でお待ちしております。
お客様との写真
お客様
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181