オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

高島市の方へ、冬場に多発!!温度差で起こるヒートショックについて!!


c4bf0be0dc73bcc8cb7608d0f4c5ef26-columns1
ヒートショックとは、暖かい所から寒い所への移動や、急激な温度変化により身体に起こる影響の事です。
例えば分かりやすいところでお話しすると、暖かい部屋から寒い脱衣所へ行き
暖かい湯船に入る事で、血圧が40以上も乱高下する可能性が少なくありません。

また血圧だけでなく脈拍も大きく変動する事によって、脳梗塞・心筋梗塞をはじめとした
深刻な病気を引き起こす一因となります。
今回は冬場に多発するヒートショックについてお話しします。

ヒートショックの影響を受けやすい人

ヒートショックは65歳以上の高齢者、高血圧や糖尿病などの動脈硬化の基盤がある方、
肥満や睡眠時無呼吸症候群や不整脈の方が影響を受けやすいとされています。
これより紹介するチェックリストに該当する方はヒートショックの対策をして入浴するようにしましょう。

■65歳以上である
■高血圧・糖尿病・動脈硬化がある
■肥満・睡眠時無呼吸症候群・不整脈がある
■浴室に暖房設備がない
■一番風呂が好き
■熱いお風呂が好き
■飲酒後にお風呂に入る事がある
■30分以上湯船に浸かる事がある

ヒートショックの対策方法

冬の屋内での温度差を3℃から5℃にすると、ヒートショクは起こりにくいとされています。
対策としては、脱衣所を温めておく事が一番の対策として知られています。
浴室暖房機乾燥機を取付けたり、脱衣所にヒーターを置くことで温度差を少なくする事ができます。
設置が難しい場合は浴槽に湯をはる際に、シャワーで湯張りりすると浴室全体をを温める効果が高いです。
湯船の蓋を開けておくと浴室全体が温まるでしょう。

浴室の温まっていない一番風呂は危険なので高齢者には勧めないようにしましょう。
血圧のさがりにくい夕食前に入浴をする事もヒートショック対策に繋がります。
浴室以外では起きる時や寝る時にエアコンのタイマーを使い温度差を低くする事も必要です。
そして立ち上がる際は、急に立ち上がるのではなくゆっくりと立ち上がるようにすると
血圧の上昇を防ぐ箏ができます。
高気密高断熱の住宅であれば、全体的に熱を逃がさず温度差の少ない環境を作り出す事ができます。
断熱性の高い家づくりをする事で、光熱費の削減だけでなくヒートショック対策もできます。
家全体が高断熱化されるため、暖房の効いた部屋と聞いていない部屋の温度差が低くなります。

まとめ

今回はヒートショックについてお話しさせて頂きました。
上記のチェックリストにて、当てはまる項目がある方は要注意です!!
お風呂やトイレなど、家の中での温度差にはくれぐれも注意しましょう。

高島市の方以外も屋根の事やお家の事などでお悩みやご相談がある方、屋根工事をお考えの方などは
街の屋根やさんびわ湖大橋店までお気軽にご相談ください。 
お問い合わせはメールまたは電話でお待ちしております。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181