オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

大津市に暮らす皆様へ! 瓦交換工事


741971_s
瓦屋根に使われている瓦は、耐用年数が長く瓦交換工事が必要ないメンテナンスフリーの屋根材と考えられていることが多いです。 
しかし、瓦屋根は日々、雨や風に晒されており、特に、台風に際に飛来物に当たると瓦が傷むことがあり、瓦交換工事が必要な場合があります。 

ここでは、瓦交換工事について大津市の皆様に紹介します。

瓦が傷むとどんな問題があるの?

瓦は、他の屋根材と同様に、雨水の侵入を防いだり、直射日光を遮ったりする役割りがあることを大津市の皆様に紹介します。 
瓦が傷むことで、すぐに雨水が家の中に侵入してしまうのではないか?と思われがちですが、そうではありません。  

屋根に使われている瓦の下にはルーフィング(防水紙)が敷いてあるので、雨水が家の中に侵入することはありません。 
 ただ、瓦が傷んで欠損してしまうことで、ルーフィングが露出して傷みが進行して穴が開くと、雨漏りの原因になります。
 また、瓦が完全に割れてしまうことで、強風によって煽られた際に瓦が落下して、人や物に危害を加える可能性があるので注意しなければなりません。

瓦交換工事を行う前に確認すること

瓦の葺き替えといった瓦交換工事を行うことになった場合、新しい屋根材を選ぶのは工事の依頼主になります。 
既存の瓦と同じ瓦に交換することで、家のイメージが変わらないメリットがあります。 
ただ、昔の瓦の場合、同じ瓦が生産されておらず、他の屋根材になる場合があることを大津市の皆様に知って欲しいです。 

瓦の葺き替えといった瓦交換工事では、全く違う屋根材にすることが可能です。 
例えは、屋根材にはスレート、金属などがあります。 
スレートは、軽く安価なため普及した屋根材で種類も多く、加工しやすいというメリットもあるので、多くの家に使われるようになりました。 

一方、金属の屋根材は軽く加工し易いというメリットがあることを大津市の皆様に紹介します。
例えばガルバリウム鋼板という金属の屋根材が登場したことで、耐用年数も長くなって、使い勝手がよいです。 
ガルバリウム鋼板は錆に強く、裏に断熱材を貼り付けたものがあり、金属の屋根材の弱点である大きな雨音を抑制することが可能となっています。

瓦交換工事の方法について

瓦は大きく分けてF形瓦とJ形瓦がありますので、瓦交換工事の方法について大津の皆様に紹介します。 
F形瓦の部分的な瓦交換工事の場合は、傷んだ瓦をハンマーなどで叩いて完全に割ります。 
瓦を固定している釘が残ってしまうので、くぎ抜きなどを使って抜きます。 

新しい瓦の左上と右隣の瓦の左上に接着剤を塗ります。 
一段上の瓦をハンマーの柄などを使って持ち上げてから、ハンマーで軽く叩きながら新しい瓦を差し込みます。 
新しい瓦の周辺に接着剤を塗り固定します。 

J形瓦の部分的な瓦交換工事の場合は、傷んだ瓦をハンマーなどで叩いて完全に割ります。 
固定用の釘は引き抜いたり、桟木から切ったりします。 
新しい瓦は引掛け用の爪を除去した後に左側に接着剤を塗り、取り付けます。

紹介したように瓦の部分的な瓦交換工事はさほど難しくないので、ご自分でやってみようと考える方もいるかもしれません。 
しかし、部分的な瓦交換工事は高所作業で危険が伴うため、大津の皆様は専門業者に依頼して下さい。

まとめ

瓦交換工事について大津の皆様に紹介しました。 
瓦が傷んで欠損してしまうことで、雨漏りの原因になることがあり、また、瓦が完全に割れてしまうことで瓦が落下して、人や物に危害を加える可能性があるので注意しなければなりません。 
瓦交換工事を行う際、昔の瓦の場合、同じ瓦が生産されておらず、他の屋根材にすることになる場合があります。 

スレートや金属の屋根材は、軽く比較的に安価なため、普及した屋根材なのでおすすめです。 
ガルバリウム鋼板という金属の屋根材は、錆に強く、裏に断熱材を貼り付けたものがあり、金属の屋根材の弱点である大きな雨音を抑制することが可能となっています。 

 瓦は大きく分けてF形瓦とJ形瓦がありますので、瓦交換工事の方法が異なります。 

瓦交換工事で迷っている大津市の皆様は、街の屋根やさん びわ湖大橋店までお気軽にご相談ください。
お問い合わせはメールまたは電話でお待ちしております。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181