オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

大津市に暮らす皆様へ 瓦張替え工事


1446398_s-3
大津市にお住まいの皆様、こんばんわ。
街の屋根やさん びわ湖大橋店の熊谷です。

ここでは、大津市に暮らす皆様に瓦張替え工事のタイミングや工期を紹介致します。

瓦屋根で使われる瓦の耐用年数は50~70年程度といわれ、長く使える屋根材として昔から人気ですよね。
しかし、日本の厳しい環境や突発的に発生したトラブルによって瓦が損傷して瓦張替え工事を行わなくてはならない場合があります。

瓦張替え工事を行うタイミングについて

台風被害桟瓦外れ
瓦屋根の瓦にコケや藻が発生した程度では、瓦張替え工事を行う必要はまずありません。

瓦がズレたり、割れたりした上、漆喰が剥がれた場合でも、部分的な修理で対応できることが多いです。 

強風などで瓦が抜け落ちた場合でも、同様に部分的な修理で対応できることが多いです。 

しかし、雨漏りが発生している上、瓦屋根がたわんだリ、歪んだりしている場合は、瓦張替え工事が必要になるタイミングと考えてよいです。

瓦張替え工事を行わないで放置するデメリットについて

雨漏りを放置した室内
瓦張替え工事を行わないで放置することで、雨漏りやすきま風が酷くなるデメリットがあります。

害虫や害獣が侵入したり、瓦が落下したりするデメリットも考えなければなりません。 
雨漏りが発生することで、室内に雨水が侵入し、普段の生活が送れないというデメリットもあります。 

雨漏りによって、住宅の構造部材に雨水がかかり腐食してしまい、耐震性が低下して大きな地震が発生した際に倒壊の危険性が高まります。 
また、雨水がかかった構造部材にカビが発生することで、喘息など健康被害を受けてしまうことがあります。 

なので、早急に対応する必要があります。

瓦張替え工事で使用する屋根材や工期について

コロニアルグラッサ葺き替え完了
スレート屋根材(コロニアル)
9a3cce393bd5a333483754f9eac7e55e-columns3
アスファルトシングル屋根材
ガルバリウム鋼板でカバー完了
ガルバリウム鋼板
瓦張替え工事で使用する屋根材は和瓦が多いですが、他の屋根材に張替えることもできるので大津市に暮らす皆様に紹介します。

 例えば、瓦張替え工事で使用する屋根材には、スレートをはじめ、アスファルトシングル、ガルバリウム鋼板などがあります。 

スレートは、コロニアルとも呼ばれる薄い板上の屋根材となっています。 

アスファルトシングルはアメリカなどで広く普及している柔らかい屋根材です。 

ガルバリウム鋼板は、金属の屋根材で長持ちし易いメリットがあります。 

瓦張替え工事で使用する屋根材は色々なものが選べるため、住宅の雰囲気を変えることができるメリットもあることを大津市に暮らす皆様に知って欲しいです。 

特にスレートやガルバリウム鋼板は人気で、よく使われるようになりました。 
瓦張替え工事の工期は、屋根が急こう配だったり、屋根の劣化が著しく酷かったりする場合は長くなることがあるので注意が必要です。

まとめ

本日は和瓦から様々な屋根材に張替えることができることを紹介致しました。  

街の屋根やさん びわ湖大橋店では屋根や外壁のメンテナンスを承っております。
 まずはお気軽にお問い合わせください。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181