オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

高島市の方へ、雪に強い屋根材はどんな屋根材でしょう??


1467823_s
高島市の皆さん、屋根材について考えてみたことはありますか??
実は地方によって選ばれる屋根材は異なっています。
そのため、地域によって特色が出ることもあります。

色々な屋根材がある中で、雪に強い屋根材というものも存在します。
近年はあまり雪が降らなかった地域でも雪が降るようになりましたね。

今回は雪に強い屋根材についてご紹介していこうと思いますので
ぜひ参考にしてみてください。

雪に強い屋根の条件とは??

葺き替え完了
雪に強い屋根の条件についてご紹介します!!
最も重要な条件は吸水率が低く、雨漏りを起こしにくい構造であること!!
その理由は吸水率が高かったり雨水が入りやすい構造だと
屋根の内側に入り込んだ雨水が凍結してしまい屋根材自体を傷めてしまうからです。

屋根材の中で一番吸水性の低い物は金属屋根になります。
特に主役となっているガルバリウム鋼板は密閉性が高く屋根の内側に水が入り込みにくい
構造になっているため豪雪地帯では特に好んで使用されている屋根材です。

豪雪地帯では金属屋根が主流??

北海道や東北の特に雪が多い地域では、瓦屋根が選ばれることは少なく
金属屋根が占める割合が約70%と言われています。
なぜ瓦屋根が少ないかというと、豪雪で瓦がズレてしまう恐れがあり、そのため雨漏りが
発生したり瓦内部に入り込んだ水が凍結して瓦が割れる原因になる恐れがあるためとされています。
また落雪での事故防止・雪下ろし不要のためにとつくられた無落雪屋根も主流とされています。
無落雪屋根も屋根材が板金なので瓦屋根が少ない理由のひとつになります。

金属屋根の特徴

●雪に強い
金属材は屋根材を組み合わせて密閉されるために水が入り込みにくくなっています。
屋根素材の中に水を含むこともなく変形もしないので、屋根に雪が積もったとしても
水の侵入を防ぎ雨漏りしにくい建物を作ってくれます。
こうしたことから豪雪地帯では金属屋根が選ばれているのです。

●軽量で地震に強い
金属屋根は屋根材の中でも非常に軽い屋根材として有名です。
屋根は重量が重くなるほど、建物の重心が高くなってしまい地震が起こった時に
倒壊するリスクが高くなってきますが、軽い金属屋根を選ぶことで建物の耐震性を
高める事に繋がります。

●リサイクルできる
屋根を葺き替えた際にどうしても廃材が出てしまいますが金属屋根の場合は
溶かしてしまえば鉄に戻り再利用することも可能なのでエコな屋根材と言えるでしょう。

まとめ

今回は雪に強い屋根材についてご紹介しました。
今住んでいる地域の環境をしっかりと考え、その環境に最も強い屋根材を選ぶことで
建物を長持ちさせるために重要なポイントになります。

高島市の方以外も屋根の事やお家の事などでお悩みやご相談がある方、屋根工事をお考えの方などは
街の屋根やさんびわ湖大橋店までお気軽にご相談ください。 
お問い合わせはメールまたは電話でお待ちしております。


信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181