オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

高島市の方へ、雨戸が夏の省エネに有効なのです!!


736afabc15e44d326bb21383d7b16220-columns1
高島市の皆さん、今回は雨戸が夏の省エネに有効と言われる理由についてご紹介します。
雨戸とは住まいの雨、風を防ぐために縁側や窓に立てかける板戸の事を指します。
通常、ガラス戸や障子などの外側に取付け昼間は戸袋に収納しています。
最近では洋風住宅が増えてきているので雨戸を設置する住宅は少なくなりましたが
改めて、雨戸の防災、防音、遮熱などの効果が評価されるようになり
雨戸を設置する住宅が増えてきているようです。

夏に雨戸の有効的な使い方

雨戸を夏に使用するなんて聞くと、え??と思う方が多いと思いますが
夏には雨戸の有効的な使い方があるんです!!
夏は窓辺に近づくとものすごく暑かった経験ありませんか??
夏の窓辺はものすごく高温になっています。
室内の温度は太陽の日差しにより熱が窓や外壁かた伝わり上昇します。
この日差しを雨戸でうまく避ける事で室内での過ごしやすさがだいぶ変わってきます。
省エネにもつながるのでぜひ一度試してみましょう。

雨戸と窓の使い方

真夏の南の部屋は非常に熱気がこもっていると思います。
そんな時は、南側の窓を開けた状態にし雨戸を閉めて北側の窓を開けてみてください。
こうする事で、日差しを遮りながら空気の通り道を作る事ができ部屋のこもった空気が
流れるようになります。このご時世の換気対策にも有効です!!

日本の夏は南から北へと風が吹く地域が多いのでとても友好的だと思います。
南北の温度差から自然に気流も発生して温度を下げる事ができるというわけです。
窓を開ける場合だけでなくエアコンを使用する際も同様に
南側の雨戸を閉めるだけでもエアコンの効きが全然変わってきます。
省エネにもつながりますので、ぜひ一度試してみてください。

まとめ

今回は省エネや換気に有効的な、夏の雨戸の使い方についてご紹介しました。
ご自宅に雨戸やシャッターなどある方は、この夏いちど試してみてください。

洋風の住宅にお住まいの方も、後付けシャッターを取り付ける事もできますので
ぜひ一度ご検討してみてはいかがでしょうか??

高島市の方以外でも屋根の事やお家の事などでお悩みやご相談がある方、屋根工事をお考えの方などは
街の屋根やさんびわ湖大橋店までお気軽にご相談ください。 
お問い合わせはメールまたは電話でお待ちしております。


信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181