オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

大津市の皆様に読んで頂きたい! 瓦差し替え


3198064_s-1
瓦屋根に使われている瓦の耐用年数は50年以上といわれており、メンテナンスを必要としない素晴らしい屋根材となっています。 
ただ、このように素晴らしい瓦であっても、瓦差し替えになってしまうことがあることがあることをご存じでしょうか? 
業者から瓦差し替えと聞いても、「なぜ?本当に?」と考えてしまう方も少なくありません。 

瓦差し替えになってしまう原因について大津市の皆様に紹介します。

瓦差し替えになってしまう原因は凍害、台風がある

瓦差し替えになってしまう原因については、凍害、台風があるので大津市の皆様に紹介します。
瓦差し替えになる原因には凍害があることを大津市の皆様に紹介します。 
凍害とは、屋根材などの内部に浸透した雨水が、寒い環境で冷やさせて凍ってしまうと膨張してしまい、暑い環境では暖められて融解することで、徐々に屋根材が劣化していきます。 

凍害が発生することで、屋根材に亀裂が発生することがあります。 
たとえ、凍害が発生して屋根材に亀裂が発生しても、すぐに雨漏りが発生することはないので安心して下さい。 
ただ、屋根材の亀裂が進行して欠損することで、下に敷いてあるルーフィング(防水紙)が露出することになり劣化が早まり穴が開くと、雨漏りの原因になることを大津市の皆様に知って欲しいです。 

瓦の場合は、通常では瓦の内部に雨水が浸透することはありません。 
釉薬瓦以外の一般的な瓦は、粘土を成形した後、高温で焼成して完成します。 
瓦は高温で焼成するはずが、稀に焼きムラが発生することで、焼き締まりが少なくなってしまい、雨水が浸透しやすくなることがあります。 

こういった焼きムラが発生した瓦が、雨水に晒されることで凍害が発生することを大津市の皆様に知って欲しいです。
毎年、日本には数多くの台風が襲来することはご存じだと思います。 
台風には強風を伴うことはよく知られており、強風による飛来物が瓦屋根に当たってしまうことがあります。 
飛来物が当たった瓦には、ひび割れが発生することがあることを大津市の皆様に知って欲しいです。 

ひび割れた瓦をそのままにしておくことで欠損して、雨漏りの原因になりますので、瓦差し替えを行います。 
欠損して落下した瓦が、人や物に被害を与えてしまうこともあるので十分に注意する必要があります。 

このようなことにならないように、台風が過ぎ去った後は、専門業者に依頼して瓦屋根の点検を行って下さい。

まとめ

瓦差し替えになってしまう原因について大津市の皆様に紹介しました。 
 
凍害は、屋根材内の雨水が、寒い環境で冷やさせて凍ってしまうと膨張してしまい、暑い環境では暖められて融解することで、徐々に屋根材が劣化していきます。 

台風による飛来物が当たった瓦には、ひび割れが発生することがあります。 

雨漏りで困っている大津市の皆様は、街の屋根やさん びわ湖大橋店までお気軽にご相談ください。
お問い合わせはメールまたは電話でお待ちしております。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181