オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

大津市の皆様へ雨漏り調査


2036232_s
雨漏りが発生しても、雨漏り調査をして雨漏りが発生している場所を確定しないで、いきなり修理することは殆どありません。 
まず、雨漏り調査を行い雨漏りが発生している場所を特定してから修理します。 

ここでは、雨漏り調査の基礎知識について大津市の皆様に紹介します。

雨漏り調査の基礎知識:雨漏り調査の種類とは?

雨漏り調査の種類には、大きく、水をかける散水調査、カメラを使った赤外線調査、蛍光塗料を使った調査があるので大津市の皆様に紹介します。 
散水調査では、雨水の入口と推定される場所に水道水を実際にかけて、雨漏り調査します。 

散水調査にはメリットとデメリットがあります。 
散水調査のメリットは、雨水が侵入する場所が確定できるので、色々な工事をする必要がなくなることです。 
散水調査のデメリットは、家の水道水を使わせて頂くことになるので、1日の水道代が1000~2000円程度かかってしまうことがあるので、大津市の皆様に知って欲しいです。 
雨漏りは屋根で発生していることが多いですが、窓のサッシュ枠から発生している場合があります。 

散水調査で、実際に窓のサッシュ枠に水道水をかけてみると、室内に水道水が侵入していることが確認できる場合があります。 
このような雨漏りが発生する原因はコーキング材の亀裂が多いです。 
コーキング材は、窓のサッシュ枠と外壁の隙間に充填して、雨水の侵入を防ぎます。 
コーキング材には耐用年数がありますので、定期的に外壁の点検をすることで、コーキング材の亀裂を発見することが重要なことを大津市の皆様に知って欲しいです。 

赤外線調査は、カメラを使って、壁などを撮影して温度差を計測して雨漏りを発見します。 
蛍光塗料を使った調査は雨水の入口と推定される場所に蛍光塗料を混ぜた水を実際にかけて、雨漏り調査します。

雨漏り調査の基礎知識:優れた雨漏り調査を行う業者の選び方について

優れた雨漏り調査を行う業者はお客さんからの評価が高く、かなり多くの雨漏り調査や修理をこなしています。 
優れた雨漏り調査を行う業者の中には、雨漏り調査や修理の実績をホームページに掲載していることがあります。

特に屋根や壁、サッシ、天窓、防水について均等に修理事例が掲載されており、雨漏りを総合的に判断して修理できる業者を選んだほうがいいです。 
雨水は住宅の壁や屋根、サッシ、天窓などどころから侵入するか分かりません。 

そのため、優れた雨漏り調査を行う業者は、手早く雨漏り調査を行うことはもちろんですが、雨漏りに対する知識や住宅に対する知識が豊富です。 
また、優秀な雨漏り調査を行う業者は雨漏り診断士の資格を持っていることが多いです。 

雨漏り診断士の資格を持っている業者は、ある程度雨漏りの知識を持っているので、雨漏調査をしたり、雨漏りを修理したりすることに長けています。 
優秀な雨漏り調査を行う業者は修理を依頼したお客様への説明もしっかり行います。 

お客様の雨漏りへの不安をしっかり受け止めて、雨漏り調査をした内容について詳細に説明して、お客様に納得して頂けるように努力します。 
また、優秀な雨漏り調査を行う業者はしっかりした見積もりを提出して、追加の工事の発生がないように、見積もりで提示した通りの金額で、雨漏りの修理を行うことを大津市の皆様に知って欲しいです。

まとめ

雨漏り調査の基礎知識について大津市の皆様に紹介しました。 
雨漏り調査の種類には、大きく、水をかける散水調査、カメラを使った赤外線調査、蛍光塗料を使った調査があります。 
優れた雨漏り調査を行う業者の中には、雨漏り調査や修理の実績をホームページに掲載していることがあるので、閲覧してみて下さい。 

優秀な雨漏り調査を行う業者は雨漏り診断士の資格を持っていることが多いです。 
優秀な雨漏り調査を行う業者は修理を依頼したお客様への説明もしっかり行います。 

雨漏りでお困りの方は、街の屋根やさん びわ湖大橋店までお気軽にご相談ください。
お問い合わせはメールまたは電話でお待ちしております。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181