オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

大津市の皆様に朗報!ビルの雨漏り


1801872_s
オフィスや店舗が入居しているビルに雨漏りが発生すると深刻な問題が発生することが多いです。 
オフィスや店舗の設備をはじめ資料、商品が雨水で濡れてしまうと、使い物にならなくなる恐れがあります。 

ここでは雨漏りビルが発生する原因を紹介します。

雨漏りビルが発生する原因:屋上について

一般の住宅と比較して、ビルは単純な形状をしているので、比較的雨漏りの発生は少ないです。 
ただ、ビルは大きいので雨漏りが発生していても、気付かないことがあるので、被害が拡大して大変なことになる場合もあることを、大津市の皆様に知って欲しいです。 

例えば、雨漏りビルは屋上から雨水が侵入することで発生する場合があります。 
雨漏りビルの屋上は、常に雨や風に晒されていたり、日光を浴びたりして経年劣化していきます。 
屋上の防水層はトップコートと呼ばれる塗装が塗られていることがあり、経年劣化で傷んで雨漏りの原因になることがあります。 

屋上の防水層以外にも、排水口をはじめ、配管、笠木の継ぎ目、手摺の根本、外壁とのジョイント部分に亀裂などの問題が発生することで、雨漏りビルが発生することがあります。 
このように屋上には多くの雨漏りが発生する原因があるため、ビルの管理会社がしっかり点検することで雨漏りは防ぐことができますが、中には、点検がしっかり行われておらず、雨漏りが発生することもあることについて大津市の皆様に知って欲しいです。

雨漏りビルが発生する原因:外壁について

ビルの外壁は屋上と同様に、常に雨や風に晒されているので、経年劣化が進行することで亀裂が発生する場合があることを大津市の皆様に紹介します。 
亀裂が外壁の表面だけであれば、雨漏りビルになりませんが内部の躯体コンクリートに達してしまうと、内部へ雨水が侵入してしまうことがあります。 

一度、雨漏りビルの内部に侵入してしまった雨水の行先を見つけ出すことは困難な場合があります。 
雨漏りビルの躯体内部にある鉄筋や鉄骨にサビが発生することで耐震性が低下して、大きな地震が発生した場合、倒壊の恐れがあることを大津市の皆様に知って欲しいです。

雨漏りビルが発生する原因:コーキング材について

ビルの外壁とサッシの間にコーキング材が充填されており、雨水が侵入しないようになっています。 
コーキング材が経年劣化して亀裂が発生することで、雨漏りビルになることを大津市の皆様に知って欲しいです。 
一度、雨漏りビル内に侵入した雨水の行先を特定することは難しく、ビルの躯体内部に溜まってしまった場合、悪影響が起こる可能性があります。 

一般的な住宅に比べて雨漏りビルは広いため、コーキング材の亀裂を特定することは困難な場合があるので、専門業者に調査依頼したほうがいいでしょう。 
 コーキング材は大きく分けて下記の4種類あります。 

・空気中に漂う水分と反応することで硬化する湿気硬化型のコーキング材 
・溶剤や水が揮発乾燥して硬化する乾燥硬化型のコーキング材 
・表面に酸化皮膜ができる非硬化型のコーキング材 
・主剤と硬化剤を混合させて硬化させる混合反応硬化型のコーキング剤 

湿気硬化型のコーキング材が一般的で、乾燥硬化型のコーキング材はアクリル系やブチル系があります。 
非硬化型のコーキング材はマスティックタイプとも呼ばれることがあり、混合反応硬化型のコーキング剤はプロが使う事が多いです。

まとめ

雨漏りビルが発生する原因を紹介しました。 
ビルは大きいので雨漏りが発生していても、気付かないことがあるので、被害が拡大して大変なことになる可能性があります。 

屋上の防水層はトップコートと呼ばれる塗装が塗られていることがあり、経年劣化で傷んで雨漏りの原因になることがあります。 
ビルの外壁は経年劣化が進行することで亀裂が発生する場合があることを大津市の皆様に紹介します。 
コーキング材が経年劣化して亀裂が発生することで、雨漏りの原因になることを大津市の皆様に知って欲しいです。

雨漏りでお困りの方は、街の屋根やさん びわ湖大橋店までお気軽にご相談ください。
お問い合わせはメールまたは電話でお待ちしております。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181