オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

大津市の皆様に!工場の雨漏り


工場内
工場は一般の住宅とは異なり、軽度の雨漏りが発生して実害がない場合、生産を優先して修理が後回しになることがあるかもしれません。 
ここでは、雨漏り工場の発生原因などについて大津市の皆様に紹介します。

雨漏り工場が発生した場合の問題点について

雨漏り工場が発生した場合、生産する機械などに影響がない場合、バケツなどを置いて雨漏りが広がること防ぐ程度でしょう。 
ただ、雨水が完成した製品にかかってしまう恐れがあることを考えなければなりません。 

食品をはじめ、衣料品、機械製品などあらゆる製品は水を嫌います。 
生産した製品が多い場合、すぐに移動することは困難だとしたら、完成した製品が雨水に浸かってしまい全て出荷できなる可能性もあること大津市の皆様に知って欲しいです。 

一見、生産する機械が雨水に濡れていないように見えても、大きな機械の場合、全ての部分を確認することが困難な場合があり、もしかしたら、機械が雨に濡れている可能性も否定できません。 
中でも、漏電はかなり深刻な問題となっています。

例えば、機械の裏側にある電気配線が雨水に浸かって漏電が発生した場合、機械がショートして火災になってしまうことも十分考えられます。
また、作業員が漏電に巻き込まれてしまうと、甚大な労災が発生する可能性があるいこと大津市の皆様に理解して欲しいです。

雨漏り工場で発生する原因について

雨漏り工場が発生した場合、生産した製品などが水に浸かってしまって出荷できないことがあるため、原因をしっかり掴むことが重要です。 
ここでは雨漏り工場で発生する原因について大津市の皆様に紹介します。 

まず、雨漏り工場が発生する理由の一つに、屋根材の劣化が挙げられます。 
工場の折板屋根や波形ストレートには、屋根材が使われており、この屋根材を固定しているボルトが弛むことで、取り付け穴とボルトの間に隙間が発生してしまい雨水が侵入することがあります。 

一方、ボルトは雨水などで錆びてしまい肥大化することで、屋根材がひび割れてしまい雨漏り工場が発生する原因になることがあります。
 金属製の折板屋根は、錆びたボルトからのもらいサビにより、腐食してしまい雨漏り工場が発生する原因になることを大津市の皆様に知って欲しいです。 

工場の屋根は、日々雨や風、紫外線に晒されて劣化していくので、定期的な点検を専門業者に依頼する必要があります。
 一方、工場の屋根にある排気用の換気扇にあるジョイント部分に隙間が発生することで、雨漏り工場が発生する原因になることを大津市の皆様に知って欲しいです。 

目地などに充填さているコーキング材が経年劣化することでひび割れが発生し、雨漏り工場が発生する原因になることがあります。 
コーキング材の耐用年数は10年程度なので、定期的に専門業者に点検を依頼して、雨漏り工場が発生することを防いでください。 

屋根材などにコケや藻が発生したとしても、すぐには雨漏り工場が発生することはありません。 
ただ、コケや藻が発生し工場を覆ってしまうことにより、屋根材などにひび割れが発生したとしても、気付かないことがあることを大津市の皆様に知って欲しいです。 

このようなことで、屋根材を修理するタイミングが遅れてしまい、雨漏り工場が発生することがあります。
更に、ひび割れた屋根材が台風の強風で煽られて飛ばされてしまうことがあるので注意が必要です。

まとめ

雨漏り工場の発生原因などについて大津市の皆様に紹介しました。 
雨漏りによって完成した製品に雨水がかかってしまう恐れがあることを考えなければならず、食品をはじめ、衣料品、機械製品などあらゆる製品は水を嫌います。 

生産した製品の移動が困難だとしたら、完成した製品が全て出荷できなる可能性もあることを大津市の皆様に知って欲しいです。 
工場の屋根材を固定しているボルトが弛むことで、取り付け穴とボルトの間に隙間が発生してしまい雨水が侵入することがあります。 

雨漏りでお困りの方は、街の屋根やさん びわ湖大橋店までお気軽にご相談ください。
お問い合わせはメールまたは電話でお待ちしております。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181