オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

大津市の方に朗報!雨漏り防水工事


4068758_s
陸屋根をはじめ、屋上、バルコニー、ベランダなどにはスレートなど一般的な屋根材が使えないので、雨漏り防水工事を行います。 
雨漏り防水工事はこれらの場所に防水層を設ける工事のことで、様々な工法があります。 

ここでは、雨漏り防水工事の基礎知識について大津市の皆様へ紹介します。

雨漏り防水工事が必要な場所について

雨漏り防水工事が必要な屋根や屋上は、建物の一番高い位置にあり、雨や風を受けたり、日光を遮ったりして建物を守ることを役割りとしているので、大津市の皆様に知って欲しいです。 
屋根や屋上は、一般的な生活環境を維持するために、気密性や断熱性、遮音性に配慮して雨漏り防水工事を行わなければならないです。 

バルコニーやベランダは外壁より突出しさせることで、室内空間を延長させ利用する床のことです。 
ルーフバルコニーは、バルコニーの階下に部屋がある場合が多いです。 
バルコニーは安全に歩行できるような雨漏り防水工事を行わなければならないです。 

共同住宅にある共用の廊下も雨漏り防水工事を行うことを大津市の皆様に知って欲しいです。 
外壁は、建物の外側にある壁のことで、雨漏り防水工事を行います。 カーテンウォ―ルなどのジョイントには雨仕舞を行い、目地の防水などの雨漏り防水工事を行います。 

現場打ちコンクリート外壁は、外壁全面に雨漏り防水工事を行います。 
雨漏り防水工事が必要な場所は、基本的には外部に接した場所と考えてよいでしょう。 
雨が多い日本では、雨漏り防水工事をしっかり行わないと、雨漏りが発生して、通常の生活を送れないことになります。

雨漏り防水工事の種類について

雨漏り防水工事の種類には、アスファルト防水工法をはじめ、塩化ビニル系シート防水工法、ウレタン防水工法、FRP防水工法などがあるので大津市の皆様に紹介します。 
基本的には雨漏り防水工事には、現場で液状の材料を塗布したり、膜状のシートを張ったりして、膜を作る方法があります。

また、現場で膜状のシートを液体の物質を使い張り重ねる方法もあります。 
例えば、アスファルト防水工法は、アスファルトを合成繊維不織布にコーティングしたシートを、貼り重ねて雨漏り防水工事します。 

アスファルト防水工法は、熱工法をはじめ、トーチ工法、常温工法などに分けられます。 
塩化ビニル系シート防水工法は、塩化ビニル樹脂系のシートで防水層を作る雨漏り防水工事です。 
塩化ビニル系シート防水工法は、紫外線、熱などに強く優れた工法です。 

塩化ビニル系シート防水工法には接着工法や機械的固定工法といった種類があります。 
ウレタン防水工法は、液体状のウレタン樹脂を塗布して硬化させて、ゴム状の防水層を作る雨漏り防水工事です。 
FRP防水工法のFRPは繊維強化プラスチックであることを大津市の皆様に知って欲しいです。 

FRP防水工法はガラス繊維などで補強したポリエステル樹脂を塗布し硬化させることで防水層を作る雨漏り防水工事です。 
紹介したように雨漏り防水工事の種類はいくつかあり、雨漏り防水工事を行う場所に合わせて選択する必要があります。
どの雨漏り防水工事も施工する職人さんの技量によって仕上がり具合は異なることがあり、依頼する業者を十分考えなければなりません。

まとめ

雨漏り防水工事の基礎知識について大津市の皆様へ紹介しました。 
陸屋根をはじめ、屋上、バルコニー、ベランダなどにはスレートなど一般的な屋根材が使えないので、雨漏り防水工事が必要になります。 

基本的には雨漏り防水工事では、現場で液状の材料を塗布したり、膜状のシートを張ったりして、膜を作る方法以外に現場で膜状のシートを液体の物質を使い張り重ねる方法もあります。 
雨漏り防水工事の種類には、アスファルト防水工法をはじめ、塩化ビニル系シート防水工法、ウレタン防水工法、FRP防水工法などがあります。 

雨漏りでお困りの方は、街の屋根やさん びわ湖大橋店までお気軽にご相談ください。
お問い合わせはメールまたは電話でお待ちしております。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181