オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

【大津市の皆さんへ報告】マンションの雨漏り


2636600_s
大津市の皆さん。こんばんわ。
雨漏りマンションの原因や防止方法について紹介致します。

マンションは一般の戸建て住宅に比べると雨漏りの発生が少ないと思われているかもしれませんが、雨漏りマンションは意外と多いのです。 

雨漏りマンションが発生する原因について

雨漏りマンションが発生する原因は、風や雨に晒されたり、紫外線を受けたりして劣化するためです。 
具体的には、雨漏りマンションは壁や屋根などに発生したひび割れやはがれ、防水加工の剥がれ、配管の劣化などが原因で発生することを大津市の皆さんに知って頂きたいです。 

屋根をはじめ外壁、屋上、ベランダなどは劣化が進行し易い場所の代表で、特に雨漏りマンションの屋根や屋上からの浸水は深刻の問題です。 
雨水は屋上のすき間などから入り込んで、雨漏りマンションの内部まで広がることがあります。 

侵入した雨水は雨漏りマンションの内部に留まってしまうことが多く、カビや資材の腐食が発生して、健康被害を引き起こしたり、耐震性を低下させたりすることがあります。 
建てられたから僅かな期間で雨漏りが発生した場合は施工ミスだと考えられます。

雨漏りマンションと雨漏り戸建て住宅の違いは?

マンションは戸建て住宅と比べて、階段や廊下、エントランスなど共有スペースが広いため、何処から雨漏りが発生しているか、なかなか特定できないことが多いです。

雨漏りマンションが発生する原因の多くは、雨漏りの点検を怠ったためです。 
雨樋や排水溝の詰まりなどを含めて、細部まで雨漏りの点検を行うことで雨漏りマンションが発生することを防止できることを大津市の皆さんに知って欲しいです。

雨漏りマンションの発生を防ぐ方法について

雨漏りマンションは突然発生するように思われがちですが、定期点検をしっかり行ったり、劣化のサインを見落とさないようにしたりすることで、雨漏りマンションの発生を防ぐことができるので大津市の皆さんに紹介します。  
マンションの塗装や防水加工は築後10年が一つの区切りだと考えてよいかもしれません。 

築後10年を経過したマンションが台風など自然災害に遭うと雨漏りが発生する可能性が高まります。 
定期点検をしっかり行うことで、雨漏りの原因となる問題をいち早く発見することは重要です。 
雨漏りマンションが発生する前に問題を発見して修繕することは重要なことです。  

例えば、雨漏りが発生するまで、外壁がひび割れたり、タイルがはがれたりする劣化のサインが発生することを大津市の皆さんに知って欲しいです。 
また、外壁にチョーキング現象や屋上やベランダに雨水のシミが発生することがあります。 

チョーキング現象は、外壁などの表面に黒板に文字などを書くチョークの粉のようなものが付着することです。 
チョーキング現象は、外壁の塗料が劣化することで発生するので、塗料の塗り替えなどが必要になります。 

コーキング材のひび割れ、藻やカビの発生も劣化のサインと考えていいでしょう。 

まとめ

雨漏りマンションについて大津市の皆さんへ紹介しました。 
雨漏りマンションは壁や屋根などに発生したひび割れやはがれ、防水加工の剥がれ、配管の劣化などが原因で発生します。
 マンションは戸建て住宅と比べて、共有スペースが広いため、何処から雨漏りが発生しているか、なかなか特定できないことが多いです。 

ただ、雨漏りマンションが発生する原因の多くは、雨漏りの点検を怠ったためです。 
定期点検をしっかり行うことで、雨漏りの原因となる問題をいち早く発見することは重要です。 
雨漏りマンションが発生する前に問題を発見して修繕することは重要なことです。  

雨漏りでお困りの方は、街の屋根やさん びわ湖大橋店までお気軽にご相談ください。
お問い合わせはメールまたは電話でお待ちしております。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181