オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

大津市の方必見、雨漏り見積もり


593170_s
いきなり住宅に雨漏りが発生すると誰でも驚いて焦ってしまうものです。 
部屋の内部に雨が入ってきて、早く雨漏りを止めようとしたいと思うのは当然です。 
ここでは、雨漏り見積もりを行う前にやることについて大津市の皆様などに紹介します。
雨漏りは、発生している箇所が分からないと修理することは不可能であることについて大津市の皆様などに知って欲しいです。 
雨漏りを修理する業者は、目視で雨漏り箇所を確認したり、実際に屋根に水をかけて確認したりして調査しますが、雨漏り箇所をなかなか特定できないことがあります。 

そのため、事前に雨漏りの状況を把握して業者に伝えることは非常に重要なことを大津市の皆様などに知って欲しいです。 
例えば、雨漏り見積もりを行う前に住宅内の何処で雨漏りが発生しているか詳細に把握することです。 

住宅内といっても玄関からバスルームまで色々な場所があり、ロフトや屋根裏部屋の確認も必要となります。 
また、雨漏り見積もりを行う前に雨漏りは風や雨の向きや強さといったどんな気象状況で発生しているかを確認することは重要です。 

例えば、雨漏り見積もりを行う前に台風などで強い雨が降った時だけ雨漏りが発生するかどうかといった状況を業者に伝えます。
雨漏りは、台風など自然災害で屋根が損傷したことが原因で発生するだけではありません。
経年劣化や人為的な修理ミスによって雨漏りが発生することがあることについて大津市の皆様などに知って欲しいです。
例えば、新築から20年程度経過しているにも関わらず、これまで屋根の点検や塗り替えを行っていない場合、経年劣化によって雨漏りが発生している可能性があるので、雨漏り見積もりを行う前に業者に伝えるべきです。 

また、屋根の塗り替えや修理を行った場合、人為的な修理ミスが考えられることについて大津市の皆様などに知って欲しいです。 
例えば、スレート屋根を塗り替える場合、次のような手順で作業を行います。 

まず、足場を組んでからフェンスを張ったり、養生をしたりします。 
次に、高圧洗浄を行った後乾燥させて、下塗り、中塗り、上塗りを行います。 
本来、スレートとスレートの間には隙間があり、スレートと屋根の間に入った雨を排出する役割りがあります。 

下塗り、中塗り、上塗りを行うことで、スレートとスレートの隙間が無くなり、水が排出することができなくなるため、雨漏りの原因になることがあります。 
このようなことにならないように、縁切りという作業を行うことを大津市の皆様などに紹介します。 

縁切りは、屋根の上塗りが終わった後に、スクレーパーなどを使って、スレートを一枚づつ切り離していきます。 
また、タスペーサーをスレートとスレートの隙間に差し込む作業を行うこともあります。 
タスペーサーは、下塗りが終わった後にスレートとスレートの間に差し込むことで、上塗りが終わった後でも、スレートとスレートの隙間が維持できる便利なアイテムとなっていることを大津市の皆様などに紹介します。 

縁切りがしっかり行われていない場合、雨漏りの原因になるので、雨漏り見積もりを行う前に過去に塗り替えを行ったかどうかを伝えることは重要です。

まとめ

雨漏り見積もりを依頼する前に行うことは、雨漏りの状況を把握、修理した履歴を確認などです。 
雨漏り見積もりを行う前に住宅内の何処で雨漏りが発生しているか詳細に把握することです。 
雨漏り見積もりを行う前に台風などで強い雨が降った時だけ雨漏りが発生するかといった状況を業者に伝えます。 

新築から20年程度経過しているにも関わらず、これまで屋根の点検や塗り替えを行っていない場合、経年劣化によって雨漏りが発生している可能性があるので、雨漏り見積もりを行う前に業者に伝えるべきです。 
縁切りがしっかり行われていない場合、雨漏りの原因になるので、雨漏り見積もりを行う前に過去に塗り替えを行ったかどうかを伝えることは重要です。  

雨漏りでお困りの方は、街の屋根やさん びわ湖大橋店までお気軽にご相談ください。
お問い合わせはメールまたは電話でお待ちしております。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181