オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

大津市に住んでいる皆様 室内でできる雨漏り応急処置について


2738888_s
雨漏りの発生はメンテナンスを怠った住宅ばかりでなく、飛来物が当たって屋根材が破損したり、修理業者の施工ミスだったりすることがあります。 
雨漏りが急に発生すると、誰もが慌ててしまい、室内を右往左往するだけで、雨漏り応急処置ができないことがあります。
ただ、屋根に上っての雨漏り応急処置は危険が伴うで行わないで下さい。 

ここでは、室内でできる雨漏り応急処置について大津市に住んでいる皆様へ紹介します。

雨漏り応急処置を行う前に行う事について

例えば、天井から室内に雨水が垂れてくるような雨漏りが発生している場合、家財道具が雨水に濡れてしまうことがあります。 
家財道具が雨水で濡れてしまうことは避けるべきなので、雨水が垂れてくる場所に家財道具があれば、移動して下さい。 

できれば家財道具は、何人かで持ち上げて移動させたほうがいいでしょう。 
室内にあるコンセントが雨水に濡れているようであればシートを被せてビニールテープで固定して下さい。 

一方、室内から雨漏りが発生している箇所や雨漏りの度合いをメモに書いておき、業者に伝えることで、雨漏りが発生している箇所や雨漏りの経路などが早く特定できることがあります。

天井から垂れる雨水を雨漏り応急処置する方法

室内でできる簡単な雨漏り応急処置は、シート敷いて雑巾を入れたバケツを置く事です。  
天井から落ちてくる雫をバケツで受け止めて、床やジュータンが濡れることを防ぎます。  
雨漏り応急処置ではバケツに雑巾を入れることで、水はねを防止することができます。 

 一方、天井に広がってしまう雨水に対してはブルーシートで覆うことで雨漏り応急処置を行います。 
雨漏り応急処置では、ガムテープ使って雨漏りが広がる部位にブルーシートを覆い貼り付けます。 

雨漏りの量が多い場合は、底を切ったゴミ袋で覆ってから、バケツを置いて雨水を受けることで雨漏り応急処置を行うことを大津市に住んでいる皆様に知って欲しいです。

壁から漏れる雨水を雨漏り応急処置する方法

壁から漏れる雨水を雨漏り応急処置する方法は、まめに壁を拭いて雨水が広がることを防ぎます。 窓から漏れる雨水については、まず、カーテンを外すことで、雨水でカーテンが傷むことを防ぎ雨漏り応急処置を行います。カーテンが雨水で濡れることで、カビが発生することもあるので注意して下さい。 
喘息などカビによって引き起こさせる健康被害も報告されてします。

ガムテープやシーリング材で雨漏り応急処置してもいいの?

雨漏りが発生している部位にDIYでガムテープを貼ったり、シーリング材を充填したりしようと考える方がいるかもしれませんが、雨水が流れる経路が変わってしまって別の部位から雨漏りが発生するかもしれないのでおすすめできません。
雨漏りを完全に修理したい方は、屋根の専門業者に依頼したほうはいいでしょう。

まとめ

室内でできる雨漏り応急処置について大津市に住んでいる皆様へ紹介しました。 
雨漏り応急処置を行う前に家財道具を移動し、コンセントをビニールテープで固定して下さい。 
天井から垂れる雨水を雨漏り応急処置では、ガムテープ使って雨漏りが広がる部位にブルーシートを覆い貼り付けます。
雨漏りを完全に修理したい方は、屋根の専門業者に依頼したほうはいいでしょう。  

雨漏りでお困りの方は、街の屋根やさん びわ湖大橋店までお気軽にご相談ください。
お問い合わせはメールまたは電話でお待ちしております。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181