オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

高島市の方へ、床下の湿気対策されてますか??


bc0bd2640d51f45021397cb17c84c943-1-columns1
高島市の皆さん、皆さんのご自宅では床下の湿気対策を何かされていますか??
床下の湿気対策をしているご家庭はそんなに多くないと思います。
まず、どうやって対策していいのか分からないという方がほとんどだと思います。

しかし床下の湿気対策はとても大切で、きちんと行っていないと
シロアリの被害に遭ってしまい、家全体の耐久性が下がってしまうことが考えられます。
今回は床下の湿気対策が必要な理由についてご紹介したいと思います。

床下の湿気対策が必要な理由

■カビが床上まで侵食してくる
床下に発生したカビが床上部分にまで侵食してくることがあります。
どんどん増殖して布団やカーペット、クロス、フローリングなども
カビに侵されてしまう事になりかねません。
部屋中にカビの胞子が舞っていると、人体にも悪影響を及ぼしてしまうので
カビ対策はきちんと行わないといけません。

■害虫や菌の発生
湿気対策をきちんとしていない床下は、シロアリなどの害虫を発生させてしまいます。
床下で多いトラブルはシロアリによる被害です。
シロアリは土の中に生息しており、木材をエサにして生きています。
床下にある柱などを食べてボロボロにしてしまいます。
そして湿気の多い箇所は金が溜まりやすくなって、不衛生な環境になります。
菌は悪臭を発生させる場合もあるので、しっかりと湿気対策を行いましょう。

■耐久性が低くなり住宅の寿命が短くなる
シロアリは木材をエサとするため、床下をどんどん食い荒らしていきます。
その結果、家の土台となる部分がボロボロになってしまいダメージを受けてしまいます。
床下に発生する湿気は、シロアリ被害とカビによる木材の腐食を同時に引き起こしてしまうので
住宅の耐久性が低くなります。これらの事は木造住宅でよく起こる事ですが
鉄骨住宅でも湿気でサビが生じてしまい、住宅の寿命を縮めてしまいます。

床下の湿気が発生してしまう一番の原因とは??

床下で湿気が発生する原因は様々ありますが、しっかりとした原因を把握する事で
適切な対策をとることができます。

●地面から発生する水蒸気
床下は、地面と建物の床の間にある空間のことなので
地面から生じる水蒸気の影響を受けることになってしまいます。
低い位置で雨が流れ込みやすい、住宅用地の前は田んぼだったなどの土地は
水はけが悪い傾向があり、地面から水蒸気が発生しやすいのが特徴です。
適した湿気対策をしていないまま住宅を建ててしまうと
地面から生じる水蒸気で湿気が溜まりやすくなってしまいます。

●換気口の確保ができていない
建築基準法で定める換気口には
①基礎と土台の間にパッキンを埋め込むタイプ
②基礎の立ち上がり部分に穴を開けるタイプ
の2つのタイプがあります。
それぞれ壁面積によって設ける位置が決まっていますが、数が不十分だったり
適切な位置じゃなかったりすると湿気を外へ逃がす事ができません。
逃がす事ができないため、床下に湿気が溜まりやすくなってしまいます。
この換気口が確保できていないことは、ほとんど施工業者にミスによるものです。

●その他
上記の原因以外にも、地下水位が高い、床下の土壌面が敷地よりも低い、床下空間の高さが不十分
増築している、基礎の通気が妨げられている、密集地で隣家との距離が近いなどがあります。
床下の土壌そのものが湿気を含んでいる場合や、床下の通気が悪い場合がほとんどです。
悪化してしまう前に早めの対策を施すことが非常に重要になります。

まとめ

今回は床下の湿気対策についてご紹介しました。
床下は空気が通りにくく、湿気がこもりやすい場所です。
そのため、しっかりと湿気対策をしていなければシロアリの被害に遭い
ボロボロになってしまいます。
このような被害に遭わないためにもきちんと床下の湿気対策をしましょう。

高島市の方以外も屋根の事やお家の事などでお悩みやご相談がある方、屋根工事をお考えの方などは
街の屋根やさんびわ湖大橋店までお気軽にご相談ください。 
お問い合わせはメールまたは電話でお待ちしております。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181