オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

大津市の皆様へ 雨漏り工事の方法について


632801_s-1
大津市の皆様、こんばんわ。
ここでは雨漏り工事の方法について大津市の皆様に紹介させていただきます。

雨漏り工事①:シーリング材の部分修理

コーキング状況
雨漏りは僅かな隙間あると発生することがあり、シーリング材を充填したりして修理できます。 
屋根の僅かな隙間から雨水が侵入している場合、シーリング材を充填し雨漏り工事が完了することがあります。 

シーリング材の部分修理といった雨漏り工事は短期間かつ低価格で完了することを大津市の皆様などに知っていただきたいです。

雨漏り工事②:屋根材の部分的な交換

台風が襲来して飛来物が屋根に当たって、屋根材が破損してしまうことがあることを大津市の皆様などに紹介します。 

屋根材が破損しても、すぐに雨漏りが発生することはないですが、下の敷いてあるルーフィングが露出し、劣化が進行して穴が開くことで雨漏りの原因になります。 

こういった問題が発生した場合、屋根材の部分的な交換といった雨漏り工事を行います。 
スレートや金属といった屋根材が部分的に破損してしまった場合、破損した屋根材を取り除き、新しい屋根材に交換します。 瓦の場合、破損した瓦を新しい瓦に交換します。 

取り外して交換ができないスレートや金属の屋根材は、破損した部分を切り取って雨漏り工事を行うこともあります。

雨漏り工事③:棟板金を交換する

棟板金は、屋根の最も高い部分である棟に被せてある板金です。 
棟板金を棟に被せる理由は、屋根の内部に雨水が侵入しないようにするためです。 
棟板金は屋根材と同様に飛来物が当たってしまい破損すると雨漏りの原因になります。 

破損してしまった棟板金は、新しいものに交換します。

また、棟板金を固定している釘が弛んでくると、雨水が屋根の内部に侵入することがあります。 
棟板金は日光で暖められたり、北風で冷やされたりすると膨張や収縮を繰り替えして釘が押し出されてしまい弛みます。 

弛んでしまった釘は再度、金づちなどで打ったあとにシーリング材を充填して雨漏りを防ぎます。

雨漏り工事④:棟瓦の積直しや漆喰の詰直し

瓦屋根の棟には、棟瓦が積まれています。 
古い瓦屋根の場合、屋根土と漆喰を使って棟瓦を積んでいくことを大津市の皆様などに知って欲しいです。 
漆喰の役割りは、棟瓦と棟瓦を接着したり、雨水が侵入させないようにしたりすることです。 
そのため、漆喰が経年劣化で剥がれてしまうことで雨漏りの原因になります。 

漆喰の剥がれが軽度であれば、古い漆喰を取り除いて新しい漆喰を詰め直すことで雨漏り工事が完了します。 
漆喰の剥がれが酷い場合は、一度、棟瓦を解体して再度積み直すことで修理します。

雨漏り工事⑤:雨樋を修理や掃除をする

雨樋は、日頃から雨風に晒される上、大量の水を排出するので傷みやすいことを大津市の皆様などに知って欲しいです。 
また、雨樋は、雨水と一緒に流れてきた枯れ葉やゴミが詰まってしまうことがあります。 
雨樋が傷んだリ、詰まったりすることで、雨水が思いもよらない場所に当たってしまい、雨漏りの原因になります。 

雨樋が詰まってしまった場合、掃除をすることで雨漏り工事が完了します。 
傷んだ雨樋は、新しい雨樋に交換することで雨漏り工事が完了します。 
雨樋の修理や交換を自分で行おうとする方がいます。 

ただ、脚立などに乗っての作業は落下などでケガをする可能性がありますので、専門業者に依頼したほうがいいでしょう。

まとめ

雨漏り工事の方法について大津市の皆様などに紹介しました。  
屋根の僅かな隙間から雨水が侵入している場合、シーリング材やテープを使って雨漏り工事を行います。 
スレートや金属といった屋根材は破損した屋根材を取り除き、新しい屋根材に交換します。 

破損した棟板金は、新しいものに交換することを大津市の皆様などに知って欲しいです。 
傷んだ棟瓦は積み直しや漆喰の詰め直しを行います。 傷んだリ、詰まったりした雨樋は修理や掃除を行います。  

雨漏りでお困りの方は、街の屋根やさん びわ湖大橋店までお気軽にご相談ください。
お問い合わせはメールまたは電話でお待ちしております。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181