オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

大津市の皆様に外壁塗装の必用性とタイミング


3684739_s-2
モルタルやサイディング、金属など色々な素材を使った外壁がありますが、多くの外壁は経年劣化によって外壁塗装が必要になります。 
外壁の経年劣化を放置しておくと色々な問題が発生することがあるので注意して下さい。 

ここでは、外壁塗装の必用性とタイミングについて大津市の皆様などに紹介します。

外壁塗装の必用性について

外壁で最も多いのが窯業系サイディングとなっており、素材にコンクリートなどが使われています。 
外壁によく使われているモルタルにはセメントなどが使われています。 
コンクリートやセメントは防水機能がありませんので、表面に塗料が塗られています。 

塗料の耐用年数は7~10年が一般的なので、耐用年数が過ぎる頃には防水機能が低下することを大津市の皆様などに知って欲しいです。 
塗料の防止機能が失われることで、外壁内に雨水が浸透するようになり劣化が促進されてボロボロになったり、亀裂が発生したりすることがあるので、外壁塗装が必要になります。 

一方、外壁の塗料が劣化すると外観が悪くなるといった問題も発生することを大津市の皆様などに知って欲しいです。 
せっかく、屋根の塗り替えを行っても、外壁の色がくすんでしまっていたら、住宅としてのイメージがよくないので外壁塗装が必要になります。 

外壁塗装のタイミング

外壁に使われている塗料の耐用年数は7~10年が一般的なので、この時期が外壁塗装のタイミングであることは確かです。
ただ、塗料の耐用年数は、環境によって大きく変わることがあります。

まず、外壁の塗料に色あせが発生したら、外壁の劣化が始まったと考えてよいです。 
例えば、住宅の外壁を眺めて、色がくすんだり、艶がなくなったりしていたら、塗装の劣化がはじまったと考えてよいでしょう。 

ただ、外壁に色あせが発生した程度では、外壁塗装が必要とはいえませんので、専門業者に相談して、判断を仰いでください。 
 一方、外壁にチョーキング現象が発生したら、外壁塗装を行うタイミングです。 
チョーキング現象とは、黒板に文字などを書くチョークの粉みたいなものが、塗装の表面に発生することを大津市の皆様などに知って欲しいです。 

塗装の表面を手で触ると、チョークの粉みたいなものが手に付着するのでよくわかります。 
チョーキング現象が発生した外壁を放置してしまうと、塗料にひび割れや剥がれが発生することがあります。 
塗料にひび割れや剥がれが発生してしまうと、塗料の役割りを果たしていないので、早急に外壁塗装が必要になります。

特に、サイディングとサイディングの隙間にはシーリング材が充填されており、塗料が塗られています。 
塗料のひび割れや剥がれによってシーリング材に雨水が浸透して亀裂が入ってしまうことがあります。 
シーリング材に発生した亀裂から外壁内に雨水が侵入して住宅の構造部材が傷むことになります。 

住宅の構造部材が傷んでしまうと耐震性が低下して、大きな地震が発生した時に倒壊してしまう可能性が高まるので注意が必要です。

まとめ

外壁塗装の必用性とタイミングについて大津市の皆様などに紹介しました。 
外壁の塗料にある防止機能が失われることで、外壁内に雨水が浸透するようになり劣化が促進されてボロボロになったり、亀裂が発生したりすることがあるので、外壁塗装が必要です。 

ただ、塗料の耐用年数は、環境によって大きく変わることがあるので、外壁塗装のタイミングは外壁の劣化の進行によって決定します。 
外壁にチョーキング現象が発生したら、外壁塗装を行うタイミングです。  

外壁塗装に興味がある方は、街の屋根やさん びわ湖大橋店までお気軽にご相談ください。
お問い合わせはメールまたは電話でお待ちしております。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181