オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

高島市の方へ、耐震等級の基礎知識について!!


08e0480bd4cc807d2f2605da03bf11d3-columns1
それでは、まず地震で倒れやすい住宅について紹介します。
最近では大きな地震が日本を襲っています。
地震で住宅が倒壊したのは少ない耐力壁土台からの柱抜けが原因だったという調査結果が出されています。

柱抜けを引き起こす要因となったのは柱・梁・筋交いなどで構成される耐力壁が
異常に少ないこと、そして配置のバランスが悪い事です。
縦揺れの地震が起こった際には、土台から柱が抜けて簡単に倒壊してしまった事も考えられます。
こうした地震で崩れた住宅の構造などを参考にして、建築基準法は改定され続けています。

耐震等級とはどのような物か??

耐震等級とは建物の強度を表す一つの指標です。
品確法といって住宅の品質確保の促進などに関する法律に沿った住宅性能表示で
3つの段階にわかれていますので、ご紹介します。
耐震等級というのは建築基準法の耐震性能を満たす水準となっています。

■耐震等級1
・数百年に1度程度の地震に対しても倒壊や崩壊しない(震度6~7程度)
・数十年に1度発生する地震で住宅が損傷しない程度(震度5程度)
※建築基準法ギリギリに設定されている場合は震度6~7程度の地震に対して損層を受ける可能性がある。

■耐震等級2
・等級1で想定される1.25倍の地震が起きても耐えられる
※学校、病院などの建物の耐震性能が等級2です。

■耐震等級3
・等級1で想定される1.5倍の地震が起きても耐えられる
※消防署、警察署などの防災の拠点となっている建物は等級3です。

耐震等級は建物を建てる人が決める

耐震等級は住宅の持ち主や買い手に対して分かりやすく建物の耐震性能を示すために制定されたものです。
分譲住宅の場合は、ハウスメーカーや工務店ごとに耐震等級が決まっている場合が多く
注文住宅における住宅の耐震等級は、住宅を建てる方が最終的に選ぶ事になります。
住宅の建築にとりかかる前の打ち合わせの段階から、建築士などに対して耐震等級の
相談をしておくと良いでしょう。
住宅の間取りが完成した後に、耐震等級を上げる要求をすると壁の量が増えていくことがあります。

耐震等級を高めるために選択される5つの方法

●壁を強化
●床と屋根を強か
●柱と梁の接合部を強化
●基礎を強化
●梁の強化

まとめ

今回は耐震等級といって普段あまり耳にはしませんが、近年よく地震が発生するので
耐震について、一度考えなおしてみてください。
そんな時に今回の記事は、きっと客に立つと思います。

高島市の方以外も屋根の事やお家の事などでお悩みやご相談がある方、屋根工事をお考えの方などは
街の屋根やさんびわ湖大橋店までお気軽にご相談ください。 
お問い合わせはメールまたは電話でお待ちしております。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181