オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

大津市の方へ スレート屋根の屋根塗装


破風板塗装
スレート屋根の殆どに使われている化粧スレートは、軽く豊富なデザインが人気となって普及しました。 
ただ、スレート屋根は他の屋根と同様に、定期的なメンテナンスが必要で、中でもスレート屋根塗装は、定期的に行わなければならないメンテナンスの1つです。 

ここではスレート屋根塗装の豆知識について大津市の方などに紹介します。

スレートは屋根塗装が必要なの?

ここでは、なぜ、スレートは屋根塗装なのか大津市の方などに紹介します。 
スレート屋根で使われている屋根材の多くはコンクリートやセメントと繊維でできた化粧スレートです。 
化粧スレートに含まれるコンクリートやセメントには、防水機能はありませんので、塗料が塗られていることを大津市の方などに知って欲しいです。 

塗料が劣化すると防水機能が失われてしまい、化粧スレート内に雨水などが浸透するようになります。 
化粧スレートの内部に侵入した雨水は、冷やされて凍結して膨張したり、温められて融解したりするので、化粧スレートにひび割れが発生するので屋根塗装が必要です。 

化粧スレートにひび割れが発生した程度では、すぐに雨漏りが発生する訳ではありません。 
ただ、ひび割れが発生した化粧スレートが強風に煽られて欠損し、下に敷いてあるルーフィングが露出して劣化が早まり、 穴が開いてしまうと雨漏りの原因になります。 

このようなことから、スレートに塗られている塗料が劣化する前に、屋根塗装が必要なことを大津市の方などに知って欲しいです。

スレートの屋根塗装はいつのタイミングで行うの?

日々、日光や雨、風に晒されたスレートの塗料は、劣化して色あせやチョーキング現象が発生することについて大津市の方などに紹介します。 
塗料に色あせが発生しただけでは、すぐにスレートの屋根塗装が必要だとは言い切れないですが、専門業者に点検をお願いするタイミングであることは確かです。 

チョーキング現象は、塗装面にチョークの粉のようなものが付着する現象です。 
チョーク現象が発生したら、塗装の防水機能が失われているので、スレートの屋根塗装が必要な時期となっていることについて大津市の方などに知って欲しいです。 

この時期を逃してしまうと、スレート内に雨水が侵入して、スレートの劣化が促進されています。

スレート屋根が劣化する原因

スレートに屋根塗装が必要な劣化が発生する原因の1つに、環境があることを大津市の方などに紹介します。 
日本は四季があり、近年、夏期における気温の上昇は著しく、塗装が受けるダメージは相当なものです。 
一方、冬期になると屋根に雪が降り積もる地域も多く、雪が塗装にダメージを与えることがあります。 

スレートに屋根塗装が必要な劣化が発生する原因の1つに、経年劣化もあることを大津市の方などに紹介します。 
スレート屋根の耐用年数は20~30年といわれていますが、20~30年間、何もしないで屋根が維持できるとはいえず、7~10年おきに屋根塗装を行わないと経年劣化が加速します。 

スレートに屋根塗装が必要な劣化が発生する原因の1つに、新築時の問題もあることを大津市の方などに紹介します。 
新築時にスレート屋根の施工がいい加減だと、スレート自体の劣化が早まってしまうことがあります。 
例えば、スレートを屋根に固定する際に、スレートがズレしまっているとスレートの劣化が早まってしまうことがあります。

まとめ

スレート屋根塗装の豆知識について大津市の方などに紹介しました。 
化粧スレートの塗料が劣化すると防水機能が失われてしまい、化粧スレート内に雨水などが浸透するようになるので屋根塗装が必要です。 

チョーク現象が発生したら、塗装の防水機能が失われているので、スレートの屋根塗装が必要な時期となっています。 
スレートに屋根塗装が必要な劣化が発生する原因は、日本の厳しい環境、経年劣化、新築時の問題があります。 

屋根塗装を予定している方、街の屋根やさん びわ湖大橋店までお気軽にご相談ください。
お問い合わせはメールまたは電話でお待ちしております。


信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181