オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

大津市の皆様へ、スレートの屋根修理とは


3894296_s
大津市の皆様、こんにちは。
本日はスレート屋根修理について説明させていただきます。

スレート屋根の耐用年数は20~30年程度といわれています。 
ただ、台風などが襲来し飛来物が当たってスレートが傷んだリ、日々、雨風に晒されて塗装が劣化したりするので、屋根修理が必要になります。 

ここではどんな不具合が発生したら、スレートの屋根修理が必要なのかを大津市の皆様などに紹介します。

屋根修理を行う際に確認して頂きたいポイント

スレート屋根には色々な不具合が発生します。
屋根修理を行う際に確認して頂きたいポイントとして「板金の劣化・塗装の劣化・スレートのヒビ割れや反り」があります。
台風で棟板金が飛ばされた
台風で棟板金が飛ばされています
スレート屋根には棟板金や谷板金といった板金が配置されており、屋根修理を行う際のポイントの1つに板金の劣化があります。 
棟板金は屋根の頂点に配置されており、雨から屋根を守っていることを大津市の皆様などに知っていただきたいです。

棟板金は、屋根にある貫板に釘で取り付けられています。 
棟板金が太陽に暖められたり、北風に冷やされたりして膨張と収縮を繰り返すことで、釘が抜き出してしまうことがあります。  
釘が緩んだ棟板金が風に煽られると変形して劣化し、最悪飛ばされてしまいますので、屋根修理が必要となります。 
劣化したコロニアル屋根
褐色が進んだスレート屋根
スレート自体に防水機能がないので塗料が塗られています。 
塗料は、雨風に晒されて徐々に劣化し褪色がはじまります。

ただ、スレートに屋根に褪色が発生した程度では、屋根修理を急ぐ必要はなく、まず専門業者に相談して下さい。屋根修理を行うタイミングの始まりです。 
徐々に褐色が進行し、表面が傷まないうちにメンテナンスされてください。
割れ確認
スレートが割れています
スレート屋根の褐色劣化が進行ると塗料の保護機能はかなり低下し、スレートの内部に雨水が浸透し始めることを大津市の皆様はご存知でしょうか?
スレートに浸透した雨水が、凍って膨張したり・溶けて融解したりするうちに、もろくなり、ひび割れが発生することがあります。

雨水が浸透したスレートが、表面だけ乾燥することで、反りが発生することもあるので、屋根修理が必要となります。 
スレートにひび割れが発生した程度では、ルーフィング(防水紙)が敷いてあるので、すぐに雨漏りになることはまずありません。 

ただ、ひび割れが発生したスレートが風で煽られて欠損してルーフィングが露出することでルーフィングの劣化が早まって穴が開き、雨漏りの原因になることがあるので屋根修理が必要です。

まとめ

スレート屋根にどんな不具合が発生したら、屋根修理が必要なのかを大津市の皆様に紹介しました。  
屋根に心配事がある方は、街の屋根やさん びわ湖大橋店までお気軽にご相談ください。
お問い合わせはメールまたは電話でお待ちしております。

電話で問合せる:0120-661-181
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181