オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

高島市の方へ、土葺き瓦が使用されなくなった訳!!


1d6802538836a9d7641d7cec9d3a8f58
高島市の皆さん、瓦屋根と一言で言っても、葺き方には色々な種類があり
時代と共に変わってきました。
少し前までは瓦をこていするために土を使用する、土葺きの瓦屋根が主流でしたが
現在では土を使用しない工法が主流になっています。
では、なぜ時代と共に土葺きの瓦屋根が使用されなくなったのかについてご紹介します。

土葺き屋根とは何??

土葺きは明治時代から昭和初期まで主流だった瓦を固定するために多くの土を使用する工法です。
瓦を揃えるのが難しく、経験をつんだ職人さんしか行えません。
大量の土を屋根の上に乗せるため、かなりの重量がありますが断熱効果は非常に高い利点があります。

またその重さによって強風に飛ばされにくいので台風対策とされていたり
地震対策としても、わざと重くすることで上下の揺れを防ぐなんていう事も言われていました。
注意点としては、その重量に耐えるために家の柱などは重みに耐えれるしっかりとしたものが必要です。
土が経年で痩せてくると瓦を支える事ができず、ズレてしまいこの部分から雨漏りに繋がってしまう事があります。

土葺き屋根が減っている理由は??

土葺き屋根の減少の大きなきっかけは『関東大震災』『阪神淡路大震災』と言われています。
関東大震災の当時の瓦屋根は土葺き工法でした。
この工法は、瓦を止めない工法であることと経年によって土の耐久度が低くなるため
非常に瓦が落下しやすいものでした。

このため多くの住宅から瓦が落ちて、被害を招いたため土葺きは使用しない
引掛け桟工法が関東では主流になりました。
関西ではこのような大きな地震がまだ発生していなかったので、しばらくは
断熱性と台風対策のために土葺きが使用されていましたが阪神淡路大震災によって
同様の瓦屋根の倒壊が見られ土葺きの瓦屋根が減少しました。

土葺きに変わって登場したのが、引掛け桟瓦葺き工法です。
この工法は、下地の上に敷いた木材へ瓦のツメを引掛けてさらに釘で固定します。
釘などで固定する瓦の枚数は、建てられた時期によって異なります。
大量の土を使用しないことと、土葺きの瓦よりも瓦のサイズが大きく必要な
枚数も減る事により大幅な屋根の軽量化ができました。

更に最近では、『ポリフォーム工法』という新しい工法も登場しました。
ハリケーンが多発するアメリカ・フロリダ州で義務付けられた工法です。
接着剤のような素材で吹き付けると発砲して3倍ほどに膨れます。
これで瓦を直接下地に接着します。
協力な接着力があるので台風・地震・大雪の対策になります。
そして釘穴が空かないので雨漏りのリスクも減少します。
素材自体にも断熱材の効果があり、断熱効果にも期待できます。

まとめ

今回は時代の流れと共に、減少してきた土葺き瓦についてお話ししました。
瓦葺き工法もどんどん変化してきています。
現在も土葺き工法の方は、思い切って現代の工法に葺き替えてより長持ちする
快適な住宅にしてみてはいかがでしょうか??

高島市の方以外も屋根の事やお家の事などでお悩みやご相談がある方、屋根工事をお考えの方などは
街の屋根やさんびわ湖大橋店までお気軽にご相談ください。 
お問い合わせはメールまたは電話でお待ちしております。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181