オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

高島市に住んでいる皆さまへ 雨漏り応急処置を行う方法について


4084311_s-1
雨漏りが発生すると、慌てて業者を呼んで修理してもらおうとしますが、台風シーズンなどでは、中々修理の予約が取れずに待たされてしまうことはあります。 
雨漏りを放置しておくと、室内などに深刻なダメージをあたえてしまうことがあります。 

バケツを使った雨漏り応急処置について

天井からポタポタと雨水が落ちてくる雨漏りの場合、雨水によって畳や床、家具、壁が傷んでしまうので、バケツを使った雨漏り応急処置が必要なことを高島市に住んでいる皆様をはじめ、多くの地域に住んでいる方に知って欲しいです。 

準備するものは、バケツ、雑巾、ブルーシートとなっています。 
雨漏り応急処置の方法は簡単で、雨水が落ちてくる場所の下に、ブルーシートを敷いて雑巾入れたバケツを置きます。 
この雨漏り応急処置では雑巾の上に雨水が落ちるので、雨水がバケツに落ちても、音が殆どしなかったり、水しぶきが飛ばなかったりします。 

ただ、雨漏りが酷い場合は、すぐにバケツの中が雨水でいっぱいになるので雨漏り応急処置として、すぐにバケツを交換したり、雨水を捨てたりしなければならないデメリットがあることを高島市に住んでいる皆様をはじめ、多くの地域に住んでいる方に知って欲しいです。 

バケツを使った雨漏り応急処置を行う際に、雑巾がない場合は、糸を結び付けた画鋲を天井に取り付けると、雨水がバケツに落ちても、音が殆どしなかったり、水しぶきが飛ばなかったりします。

窓周りの雨漏り応急処置は雑巾などを使う

窓枠やサッシ周りから雨漏りが発生した場合は、雑巾、ビニールシートを使って雨漏り応急処置を行うことを高島市に住んでいる皆様をはじめ、多くの地域に住んでいる方に紹介します。
例えば、雨漏り応急処置の方法は雨漏りが発生した窓枠やサッシ周りにビニールシートを敷いてから雑巾を置きます。 

ビニールシートを敷くと、雨水の広がりを抑制することが可能です。 
ただ、雨漏りが酷い場合は、すぐに雑巾が雨水で満たされてしまうので、雨漏り応急処置として、すぐに雑巾を交換したり、雑巾を絞ったりしなければならないデメリットがあることを高島市に住んでいる皆様をはじめ、多くの地域に住んでいる方に知って欲しいです。

ベランダの雨漏り応急処置はアルミテープを使う

経年劣化でベランダの外装にひび割れが発生することがあることを高島市に住んでいる皆様をはじめ、多くの地域に住んでいる方に知って欲しいです。 
ベランダの中から手が届く外装にひび割れが発生している場合は、アルミテープを貼り付けて雨漏り応急処置を行います。

外壁の雨漏り応急処置はコーキング剤などを使う

壁の中でも手が届く場所にひび割れがある場合は、防水コーキング剤、コーキングガン、雑巾、マスキングテープ、プライマー、カッターを使って雨漏り応急処置を行うことを高島市に住んでいる皆様をはじめ、多くの地域に住んでいる方に紹介します。 

まず、ひび割れが発生している部分を雑巾で綺麗にします。 
次に防水コーキング剤のはみ出しを最小限に抑えるために、ひび割れの周辺にマスキングテープを貼り付けます。 
コーキング剤の接着力を向上させるために、ひび割れにプライマーを塗り、乾燥させます。 

最後に、 防水コーキング剤をセットしたコーキングガンを使って防水コーキング剤をひび割れに充填します。 
充填した防水コーキング剤が乾く前にマスキングテープを剥がします。 
最後に、防水コーキング剤はしっかり乾燥させます。

雨漏り応急処置を行う際の注意点について

雨漏りの原因が屋根にあると考えた場合、屋根に上って雨漏り応急処置をしようと考える方がいるかもしれませんが、高所作業となるのでやめた方がいいでしょう。 
プロの職人さんであっても、屋根から落ちることがあるので、ケガ防止のために屋根に上ることはやめて下さい。 

脚立やハシゴを使っての作業も同様で、落下することでケガをしかねないので、業者に任せたほうがいいことを高島市に住んでいる皆様をはじめ、多くの地域に住んでいる方に知って欲しいです。

まとめ

バケツを使った雨漏り応急処置、雑巾を使った窓周りの雨漏り応急処置、アルミテープを使ったベランダの雨漏り応急処置、コーキング剤などを使った外壁の雨漏り応急処置があります。 

雨漏りが心配な方は、街の屋根やさん びわ湖大橋店までお気軽にご相談ください。
お問い合わせはメールまたは電話でお待ちしております。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181